読書のすすめ 井手良平さんに聞く『社長になりたい人に読んでほしい3冊』
 世の中にはあんな本やこんな本、いろんな本がある。そのテーマも十人十色。「感動したい本が読みたい!」「思いっきり怖い本を味わいたい」と思っても、 どんな本を選べばいいのか分からない! とお悩みの方も多いはずでは?
 そんなときにあなたの味方になるのが書店員さんたちだ。本のソムリエ、コンシェルジュとしてあなたを本の世界に誘ってくれる書店員さんたち。
 そんな彼らに、テーマごとにお勧めしたい本を3冊答えてもらうのが毎週水曜日に配信する、この「わたしの3冊」だ。 【「わたしの3冊」バックナンバーはこちらから】

 今日から9月!今月のテーマは『社長になりたい人に読んでほしい3冊』
 これから組織のトップに立ちたい人、人の上に立つ人間になりたい人にオススメの本とは一体どんなものか?
 トップバッターは東京・江戸川区の「読書のすすめ」の井手さんだ。


◆『大学では教えてくれない大学生のための22の大切なコト』

著者:佐藤剛史/編
出版社:西日本新聞社
定価(税込み):840円

 “社長になりたい!”というテーマだったら、マンガ『島耕作』シリーズを読むのが一番ですよね。間違っても、『サラリーマン金太郎』を教科書にしてはいけません。
 冗談はさておき・・・、今回紹介させてもらう本は、この本を読んでいたら“社長として社員たちから○○されること間違いない!”という本です。まず、“社長になりたい!”と思っている方は、どんな社長になりたいと思っていますか?ただ、地位・名誉・お金が欲しいだけ!という方は、この本は読む必要がありません。そうではなく、すごく大きな“志”を持って、社長を目指しているという方に読んでほしいです。どんなにカリスマ社長と言われる人でも、“人”として魅力がなかったらダメですよね。この本の中には、どんな人からも愛される秘訣が書かれています。ここだけの話ですが、この内容はすごく偏差値の高い学校でも教えていない内容です。


◆『上京物語 僕の人生を変えた、父の五つの教え』

著者:喜多川泰
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
定価(税込み):1470円

 社長を目指しているが、まだまだその道は険しい!と思っている方、夢ばかりが大きく膨らんで、現実とのギャップに苦しんでいたりしませんか?この物語に出てくる主人公と、今の自分自身がすごく重なり合うと思います。人一倍、努力はしているのに、なぜかあと一歩が踏み出せない。そんな自分には何がたりなのだろうか・・・。起業を志しているが、組織から一歩踏み出すことができない。と、もがいていたりしないですか?自分自身が人生の主人公です。一歩、踏み出す勇気を学んでください。


◆『世界夢ケーキ宣言!―幸せは家族だんらん』

著者:清水慎一
出版社:文屋
定価(税込み):1470円

 ありきたりな社長にはなりたくない!と思っている方に読んでほしい一冊です。この本の著者は、とことん突き抜けちゃった人です!ここまでいくと、“社長”という域を大きく超えた次元ですよね。何となく社長を目指すのではなく、自分が社長になることによって、何をどうしていきたいのかはっきりしていきたいものです。そんな未来の社長さんが読んで、こんなこともできる!あんなこともできる!と、イメージがどんどん膨らんでいっちゃいます!!さあ、ワクワクしてきちゃいますよ。

◇   ◇   ◇

【今回の書店】

■読書のすすめ

都営新宿線篠崎駅北口を出て右側の大通りを直進、二つ目の信号を右折してすぐ。
店内に入れば、あなたにピッタリの一冊がきっと見つかるはず。

■住所:東京都江戸川区篠崎町1-403-4
TEL:03-5666-0969

■アクセス
都営新宿線篠崎駅より徒歩5分

■営業時間
10:00〜22:00

■ウェブサイト
http://dokusume.com/modules/store/


【関連記事】 元記事はこちら
読書のすすめ 井手良平さんに聞く『仕事の極意はスポーツ選手から学べ、プロの極意がわかる3冊』
読書のすすめ 小川貴史さんに聞く『この作家は、まずはこの本から読め!』
紀伊國屋書店ピクウィック・クラブに聞く『心の底から笑えるエッセイ』

【新刊JP注目コンテンツ】
元・キャバ嬢が教える、人に好かれるコミュニケーション(新刊ラジオ 第1219回)
バカが取るべき行動の奥義だ!(新刊ラジオ 第1216回)