美水かがみの4コマ漫画「らき☆すた」の舞台として取り上げられたことをきっかけに、一躍全国区でその名を知られることとなった埼玉県鷲宮町の鷲宮神社。
鷲宮神社の恒例行事「第23回 土師祭」が2010年9月5日(日)に開催されることが既に発表となっている。「鷲宮神社」といえば、一説に関東最古の大社とされ、武運長久・開運・商売繁盛の神ともして信仰される、お酉様の本社というかなり由緒正しい神社。今年開催される「土師祭」では、千貫神輿の練り歩きは勿論、2008年からスタートした「らき☆すた神輿」の練り歩きに加えて、祭り会場内をコスプレで移動できる「コスプレ祭り」はたまた、今年から開始されるステージイベント「WOTAKOIソーラン祭り」と”おたく色満載”のお祭りとして進化している。

お祭り自体は1日限定なため、これら全てのイベントが1日内で時間を置いて怒涛のように行われる。
これで同人誌即売会でもあれば、まさしく”ヲタ祭り”にもならん様相を呈してきてはいるが、過去70年近く開催が休止されていたこともあるお祭りなだけに、今年も「らき☆すた」ファンならずしも多くの人が訪れ以降につながる祭りとなれることが期待される。

●関連URL
▼らき☆すた神輿Webサイト

http://park22.wakwak.com/~wasimiya/



■関連記事
【心理的考察日誌】思い込みと信用信頼について
【おた日和】第二十五話 お邪魔します!
好評すぎて販売を休止していた「カップヌードルごはん」27日から再開
【ミリヲタ的グルメ】第九回 アメリカ軍MCI〜42年物への挑戦〜
畑健二郎「ハヤテのごとく!」、台湾で実写ドラマ化発表