偽サイトの会員登録画面

写真拡大 (全2枚)

 フィッシング対策協議会は31日、スクウェア・エニックスの総合エンタテインメントサービス「PlayOnline」(プレイオンライン)を騙るフィッシングサイトが立ち上がっているとして、注意喚起する文章を公開した。8月31日10時半現在、この偽サイトは稼働中とのこと。

 サイトのURLは「http://www.ffxi●●●●●●●●●●●.com/」。このフィッシングサイトは、同サービスにおいて提供されているゲーム「ファイナルファンタジーXI」のユーザを狙ったもので、ユーザIDとパスワードを詐取するのが狙いと見られる。

 8月上旬にも、ファイナルファンタジーXIユーザを狙ったフィッシングサイトがトレンドマイクロにより発見されており、一度閉鎖されている。今回、類似の手法で新たなフィッシングサイトが稼働しはじめた模様。前回のサイトURLも「http://www.ffxi●●●●●●●●●●●.com/」だったため、同一犯の可能性もある。同協議会では、JPCERT/CCにサイト閉鎖のための調査を依頼中だとしている。


■関連ニュース
ネットの個人情報流出で「偽造文書ビジネス」が進化……マカフィー、最新事例を紹介
GREEを騙るフィッシングサイトに注意、現在も稼働中……対策協議会が情報を緊急公開
RSAセキュリティ、フィッシングサイト閉鎖サービスを住友信託銀行に提供開始
ネットスター、フィッシング対策協議会と連携 〜 最新悪質サイトをすばやくリストに反映