(財)武蔵野市開発公社(井上良一理事長)と三菱商事都市開発(株)(一村一彦社長)は、伊勢丹吉祥寺店跡地(F&Fビル)にて、来る10月15日にオープンが予定されている、新しい大型複合商業施設「コピス吉祥寺」の概要を発表した。

「coppice」は、英語で小さな森・雑木林の意味。「コピス吉祥寺」は、“吉祥寺スタイル・コミュニティ”をコンセプトに、地域の消費者が気軽に立ち寄れる、時間消費型・滞在型商業施設の位置付けで、地域活性化に貢献する“まちの中核”となることを目指しており、20代後半〜30代前半のニューファミリー層とその親の3世代を中心に、世代を超えて支持・共感されるライフスタイルとトレンドを発信していきたいとしている。
「コピス吉祥寺」の概要は、A館(地下1〜7階)、B館(地下1階〜8階)、敷地面積は6262平米、延床面積は46021平米、店舗面積は約1万8千平米。商圏は、吉祥寺界隈のみならず、JR中央線沿線、京王線沿線など広域からの集客を図る。
内部空間は、自然を感じるナチュラルな色合いや素材感を基調にコーディネート、3F「吉祥空園」から緩やかにつながる空間や、レストスペースなど、ゆとりある豊かな時間を楽しんでもらえるよう配慮している。

「武蔵野スタイル」「吉祥寺トレンド」をテーマとするテナント109店舗が展開する予定。売場構成としては、上質なデイリーライフをコンセプトとするB1フードテラスには、大正13年創業の大型スーパー「三浦屋」をはじめ、「ルスリーダンジュ」「ル・コフレ・ドゥ・クーフゥ」「麻布十番モンタボー」などの専門店が出店。武蔵野暮らしを楽しむ高感度な層をターゲットとするブランドを集積した1〜2Fファッショングッズフロアには、「リトルガーデン バイ シャワーパーティー」と、上品な大人カジュアルを提案する「ダーナヴィエ」が新業態で登場。カフェや授乳室、親子トイレ、調乳用温水器などを完備し、母子が安心して過ごせるコミュティ空間の3Fママキッズテラスは、純オーガニックコットン製品を揃えた自由が丘「メイド・イン・アース」、独創的なデザインの子供服「フェフェ」、子供専用のヘアサロン「ズッソキッズ」、さらに、8Fにはキャラクター8店舗が集合した関東初の「キャラパーク吉祥寺」も登場するなど、毎日足を運びたくなるモノやサービスが充実している。
インテリアでは、A館5FにKEYUCAがワンフロアで出店、フルラインナップで展開するほか、B1では、専属パテシエによる人気のケーキと焼き菓子を販売する「KEYUCA SWEETS」を出店。B1にはほかに、「212Kitchen store」(アスプルンド)が、5Fには東京・目黒通りで無垢家具を展開する「BRANCH」、インテリア雑貨店「イデアポート」「Day by Day」「arenot」も出店する。
このほか「コピス吉祥寺」では、新しいアート文化の発信やアーティストの発掘を目的に、芸術支援活動「アートライフコミュニケーション」を展開。美大生や若手アーティストの作品展示やオークション販売、来館者による人気投票、クラフト作品の展示販売イベントなどを毎月開催していく。