昭和レトロな雰囲気漂う“ミュージアム銭湯”「いなり湯」(横浜市中区)

写真拡大

最近では、サウナや岩盤浴を備えたスーパー銭湯に押されぎみの感もある“昔ながらの銭湯”だが、横浜周辺にはまだまだ個性的な銭湯がいっぱい! シャンデリアが天井に輝くものから日本庭園風のものまで、思わず「ここが銭湯!?」と目を疑ってしまうような“名物銭湯”が人気を集めているのだ。

【写真】浮世絵に水族館… ミラクルな銭湯の数々

■昭和レトロ感が漂う“ミュージアム銭湯”「いなり湯」(横浜市中区)

昔ながらの番台銭湯でありながらも、脱衣所の格天井には大きなシャンデリアが輝き、独特の雰囲気を演出。さらに、銭湯内にアートオブジェが展示されていたり、九谷焼のタイル絵があったりと、その雰囲気はまるで美術館のよう。また、時価ウン十万円という本物の浮世絵が手の届くところに飾られているというのも驚き。ちなみに、ペンキ絵とタイル絵の両方がある銭湯はとても珍しいのだとか。

■まるで上質な日本庭園! 「仲乃湯」(横浜市南区)

宮大工の手で作られた寺社建築を思わせる立派な建物が目を引く。中に足を踏み入れると、絵画や古い柱のほか、1960年代に普及したという「イス式のドライヤー」など、まるでその時代にタイムスリップしたかのような感覚に陥ってしまう。さらに、上質な日本庭園のような露天風呂は、一見の価値ありだ。

■銭湯に水槽!? 「福美湯」(横浜市港北区)

高濃度炭酸泉、岩盤泉、ジェット、露天風呂などの多彩な湯が楽しめる銭湯。サロン風のロビーに置かれたテーブルは特注の水槽になっていて、魚がプカプカと気持ちよさそうに泳いでいるのだ。さらに、こちらのロビーでは、フラワーアレンジメント教室も開かれるなど、もはや何でもあり(!?)なのだ。

今なお横浜に残されている“昔ながらの銭湯”には、スーパー銭湯にはない個性あふれる銭湯がいっぱい。さらにここで紹介した銭湯の入浴料は全て450円! ワンコイン以下で体験できる横浜の“個性派銭湯”に、あなたも足を運んでみては? 【詳細は、8月24日発売号の横浜ウォーカーに掲載】

【関連記事】
大人気マンガが現実に!「テルマエ・ロマエ風呂」登場 (東京ウォーカー)
スキマ時間の新活用法! “0泊2食”が人気のワケ (東京ウォーカー(全国版))
木下優樹菜が大胆な“バスタオル姿”でつるぴか素足を披露 (東京ウォーカー(全国版))
30年間温泉じゃなかった?浅草の由緒ある温泉銭湯 〜蛇骨温泉〜 (東京ウォーカー)
日本一美女が集まる!? 噂の“オシャレ銭湯”に潜入 (東京ウォーカー)