蒼井そらが訪韓、女戦士のコスプレ姿に熱い視線!

写真拡大 (全2枚)

AV女優でタレントの蒼井そら(26)が、韓国のライブプレックス(Liveplex)のMMORPG(多人数同時参加型オンラインRPG)『DRAGONA ONLINE』の広報活動のため、25日に訪韓した。

26日には、まだ公開されていないゲームの新キャラクターの衣装を身にまとい、狎鴎亭(アックジョン)の撮影スタジオで広告ポスターの撮影を行った。同日午後には、事前に抽選で選ばれた一般ユーザー10数名が撮影スタジオに訪れ、蒼井そらさんと記念撮影。27日には、ゲームユーザー200人との懇談会とサイン会を行う予定だという。

蒼井そらは韓国メディアのインタビューに「韓国はプライベートで来るくらい大好き。今回の広報活動をきっかけに、韓国でさまざまな活動ができたらいい」と話した。韓国メディアは、蒼井そらの訪韓や撮影の状況、さらにツイッター書き込んだ内容について続々と報じており、高い注目を集めている。

ネット上には、入国時の様子からコスプレの姿まで、さまざまな蒼井そらの写真が掲載されており、韓国での注目度の高さをうかがえる。コスプレに対するネチズンたちの反応はというと「んーなんか変な感じ」「コスプレのデザインがいまいちだ」「これはちょっと違うんじゃない」「ゲーム会社の社長は日本AVのファンか?」とちょっと厳しいコメント。セクシーな姿を期待していたネチズンも多かったようで、コスプレに関していえば評判はいまいちだったようだ。

ドラゴナオンラインは2008年からライブフレックスが2年6カ月かけて自社開発した大型MMORPG。ゲームの革新的な特徴である戦闘システムや見事なグラフィックでユーザーたちから注目を集めている。9月1日に1万5,000名の参加者を集め、2次非公開テストを行う予定だという。


参照:蒼井そら「笑顔が美しい彼女」 - テレビレポート(韓国)
参照:蒼井そら、「ケッチャキャラクター良く似合うでしょ?」 - ソウル新聞NTN


(文:林由美)

■【韓フルタイム】とは……
【韓フルタイム】とは韓国に特化した情報を提供する媒体です。
韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。
韓国中心の出来事をいち早くお届けできるように頑張っていきます。