ちょっとキモイ折り紙!?「足のある鶴」の作り方

写真拡大

ちょっとキモイ折り紙!?「足のある鶴」の作り方
子どもの頃、折り紙でチューリップやアジサイ、箱やカブトなどを作りませんでしたか?中でも折鶴(おりづる)は折り紙の代表格。たくさんの折鶴をつなげて千羽鶴にしたり、七夕の飾りにしたりといろいろな場面で親しまれてきました。そんなお馴染みの折鶴ですが、足のあるリアルバージョンがあるのはご存知ですか?ちょっとキモイけどなんだかカワイイ…そんな足のあるリアル折鶴の作り方をご紹介します。


■足のある折鶴、ちょっとヘン?

本来の鶴は2本の足がありますが、折り紙では無い状態の方が定着しています。そのため、2本足のある折鶴を見ると思わず「キモイ!」「何だこれ!」と反応してしまうようです。

最近、あるツイッターユーザーがこれを掲載したのですが、「うけるw」「キモイけど不快にはならない・・・ふしぎ!!」「すげえwwww」「すごい躍動感」「最高ですw」といったコメントが殺到しています。

この前、近所のようじょにこれ作って見せた... on Twitpic


■足のある折鶴の作り方

足付き折鶴は、普通の折鶴を折るのとほぼ同じで、最後がちょっと違うだけです。まずは、折り紙を用意して、折鶴を作ってみましょう。

1.いったん折鶴を折る。
2.しっぽの部分を、縦にハサミで切り込みを入れていく(それぞれが右足、左足になる)
3.それぞれ、3分の1のところを山折、谷折り、山折にすると…
4.足のあるガニマタ姿の鶴ができあがり!


走っているような足にしたい場合は、3分の1のところを内側に折り込むと、関節のようになるようです。だた、ガニマタに比べたら少し難しいかもしれません。子どもに作らせるなら、ガニマタ姿や、立ち姿が簡単に作って楽しむことができます。

上手に作れるようになったら、下記サイト「折紙作家のファンタジア」で「四つ足鶴」にもチャレンジ!

キモイ鶴の折り方 - Welcome to Adobe GoLive 5
なんじゃコリャ!? - 笑い豚
四つ足鶴(もしくはドラゴン) - 折紙作家のファンタジア

b-100823-2


■足のある折鶴、本にも登場

この足のある折鶴。結構前から一部の間では知られていたようです。また、『第10回記念折紙探偵団 国際コンベンション折り図集 Vol.10』には、前川淳さんの「立ち姿の鶴」が表紙に掲載されていますし、笠原邦彦が著者の『おりがみ新発見〈3〉古典から最新作まで300年の絵巻 [単行本]』にも、表紙に足のある折鶴が登場しています。

折紙探偵団折り図集 Vol.10 - おりがみはうす
おりがみ新発見〈3〉古典から最新作まで300年の絵巻 笠原 邦彦 - Amazon.co.jp

b-100823-3

「ちょっと変わった折紙を折りたい」「オフィスのデスクに面白いものを飾りたい」と思っている方、是非作ってみてはいかがでしょう?


記事をブログで読む

□こちらもオススメ!
高齢者所在不明で浮かび上がる日本の希薄な社会、ブロガーたちの見解は?
まだまだ熱いパワースポットブーム!その効果やいかに!?
崔洋一監督の「歴史を語る資格はない」発言、ブロガーたちはどう見た?
就職氷河期時代、採用する側は「運転免許証の情報」まで見ている!?
生姜の力はすごい!夏バテ、冷え性、むくみ解消に効果あり