コラボレーベル「MARGARET HOWELL PLUS」日本初上陸

写真拡大

 「MARGARET HOWELL(マーガレット・ハウエル)」が他分野のデザイナーとコラボするレーベル「MARGARET HOWELL PLUS(マーガレット・ハウエル プラス)」を新たに立ち上げた。本国であるイギリスに続き、日本では神南店のみで販売をスタートしている。第1弾では、プロダクトデザイナーのKenneth Grunge(ケネス・グランジ)のコラボシャツが登場。


【写真をもっと見る】

 「MARGARET HOWELL」は、1970年にメンズシャツを発表し「VOGUE」UK版に取りあげられたことから脚光を浴びており、メンズシャツがブランドを象徴するアイテムとなっている。今回のKenneth GrungeとのシャツコラボレーションについてデザイナーMARGARET HOWELL自身は「私にとってこのプロジェクトは挑戦です。私自身がデザインのすべてをコントロールするのではなく、 私の美学を満足させながら相手のリクエストやアイデアを反映しなければなりませんでした。しかし、これはKenneth Grungeが工業デザインの分野において彼の長く万能で輝かしい経歴を通じて日常的に行っていることなのです。」と語っている。

 このコラボシャツのためにKenneth Grungeが選んだのはクラシックなグレーの代表的なエンドオンエンド(刷毛目=ハケメ)素材で、台襟の内側のバンドとカフスには淡いグレーカラーが施されている。これによって、ゆとりあるシルエットでミニマルなスタイリングの襟なしシャツが完成。フロントは一つボタンの比翼(ひよく)仕立てでペンを挿すためにデザインされたユニークなポケットが付いている。「MARGARET HOWELL PLUS」第2弾は、2011年春夏の展開を予定している。