スタジアムから見る花火は格別!

写真拡大

先週末8/14に開催された「東京湾大華火祭」も終わり、いよいよ東京の大規模な花火大会は残りあとわずか。そんな中、仕事帰りにピッタリの花火大会「神宮外苑花火大会」が、本日8/19(木)19:30から開催される。

都心のど真ん中で1万2000発が打ち上げられる同大会。一番の見どころは、大小のスターマインと豪華ゲストのライブの“饗宴”だ。

4つあるチケット制の会場には、それぞれ豪華ゲストが出演。神宮球場にはTRFやMy Little Lover、秩父宮ラグビー場には人気急上昇中のSKE48に加え、Wコロンも登場予定だ。また、国立競技場には近藤真彦とテゴマス(手越祐也、増田貴久)、軟式球場には山川豊と、ゲストの“多彩さ”も魅力の一つだろう。

それぞれの開場時間は、神宮球場と国立競技場、秩父宮ラグビー場が16時から、軟式球場15時から。いずれも当日券が13時から発売されているが、売切も予想されるため事前確認が必須だろう。

注意したいのは、会場外で昨年まで開放されていた「絵画館前広場」の区道部分が規制され、観覧エリアとして使用できなくなっている点。絵画館駐車場も避難所として確保されるため、緊急時以外は閉鎖されている。周辺道路は18時ごろから21時30分ごろまで交通規制が行われるので、交通情報にも気をつけて。

今日は仕事帰りに神宮に寄って、“音楽と花火の饗宴”を楽しんでみては?【東京ウォーカー】