会社内で輝く部署とは?

写真拡大

少し前までは特定の部署に異動となると「栄転」と騒がれていた。いわゆる「花形部署」である。しかし、昨今は「花形部署」という言葉はあまり聞かない。では、現代のビジネスパーソンは「花形部署」についてどのように考えているのだろうか。

COBS ONLINEが調査(20代男性186名、20代女性548名を対象)したところ、男性と女性では「花形部署」だと思う部署にかなりの差があったようだ。




まず男性が思う花形部署のランキングは
1位 特になし 12.4%
2位 経営企画部 11.3%
3位 経営戦略部 8.6%
4位 営業部(法人向け)  7.5%
5位 マーケティング部 6.5%

となっており、「企業という枠にいる時点で花形などない」「どこが花形かで優劣を論ずるものではない。どこも同じ」といった意見が目立つ。自分の適性に合う仕事で活躍できていれば良い、ということなのかもしれない。

一方女性が思う花形部署は
1位 広報部 15.3%
2位 特になし 11.9%
3位 商品開発部 7.8%
4位 人事部 7.1%
5位 企画部 6.9%

と、対外的に発注側の部署が多く、業務についても「外に出ていく部署なだけに、多くの知識とキレイな容姿が求められていそう」「広報部は会社の窓口。ときにはタレントを使った広報活動なども行うから」といった華麗なイメージを抱いているようだ。

しかし、目立つのは男性1位と女性2位の「特になし」だ。「やりたい仕事をやっている人が輝く。部署は関係ない」といった意見も聞かれる。つまりは自分に合った仕事を探すことが「花形」への第1歩なのかもしれない。

関連リンク
・適職診断はこちら