11日に世界各地で国際親善試合が行われ、世界王者になったばかりのスペインはアウェイのアステカスタジアムでメキシコと対戦し、1−1で引き分けた。

メキシコはマンチェスター・ユナイテッドに移籍したハビエル・エルナンデスが12分に、カシージャスの守るゴールを破って先制点を決め、試合の主導権を握るが、スペインも60分過ぎに投入されたチャビが攻撃陣を活気づける。同じく途中出場のペドロの87分のシュートは相手GKに防がれるが、ロスタイム2分にチャビのスルーパスを受けたシルバがネットを揺らして、スペインが土壇場で追いついた。

なお、ワールドカップ優勝後の初めての試合で勝てないチームは多く、1994年優勝のブラジル以来、W杯後の初戦を勝利で飾ったチームはない。

■最新記事
【移籍】チェルシー、ブラジル代表ラミレス獲得
マン・シティ、移籍希望のロビーニョがメンバー入り
豪代表シュウォーツァー、アーセナル移籍を熱望
セルティック、ベラミーのレンタル移籍へ向けシティと交渉中
リヨン、DFバストスは非売品