新しく始動したムック本『ONE』の裏側を担当編集に聞いた

写真拡大

 7月28日に株式会社ワニブックスより女性のための新しいムック本『ONE vol.1』が刊行されました。

 『ONE』は元気な女性たちが求めているテーマに沿って様々な事柄をピックアップし、紹介していく季刊雑誌で、創刊号となる今回のテーマは「モデル大好き!」。

 SHIHOさん、ヨンアさん、美香さん、RINAさん、高垣麗子さんなど、各雑誌でカバーモデルで活躍中の人気モデルにスポットをあて、私服や愛用品の紹介から、ライフスタイルまで「真似したい!」と思う情報がぎっしり詰まっています。

 今回は『ONE』を編集された担当編集の方に出版のきっかけや読みどころ、気になる次号の内容など、『ONE』の裏側をうかがいました。

◇   ◇   ◇

―今回『ONE』が新しく始動したきっかけはどのようなものだったのでしょうか?

「弊社では『ワニブックス美人開花シリーズ』という美容実用書シリーズを展開し、女性を応援する書籍作りに励み、おかげさまで累計135万部を突破しました。
その『美人開花シリーズ』の理念をより多くの人の手元に届けたいと企画し、“雑誌よりも深く、書籍よりもライトに!”を目標に、女性向けのワンテーマ・ムックを刊行することとなりました。
このムックシリーズでは、今、一番元気な女性たちが潜在的に求めているテーマを毎号フォーカスします。そして色んなことに影響されることによって、より元気によりパワフルな女性になれる一冊を目指しています」

―どうして『ONE』というタイトルをつけたのでしょうか。

「ひとつ(ONE)の事をテーマに特集するという内容面と、“みんなでひとつに”といったONEという言葉のもつイメージが、企画コンセプトのイメージにあっていたんですね。
タイトルをつけるときは、読者にわかりやすく伝わるということも大事にしています」

―「元気な女性たちが潜在的に求めているテーマ」とは、具体的にはどういったものが挙げられますか?

「これはたくさんありますね。これからの生き方、仕事といったこともそうですし、美容、ダイエット方法、占いを含めたパワースポット、また、性もあります。あとはオーガニックや健康もテーマになると思います。
また、この世代に人気のあるカテゴリにはモデルやイケメン男性、お笑い芸人、宝塚といったエンターテインメントもあるので、そちらも中心に特集していく予定です」

―このムック本を編集している中で、ご自身は「これは真似したい!」「欲しい!」と思ったことはありましたか?

「かなりありました(笑)。今号は、第一線で活躍するトップモデルさんを特集したので、私物はきらびやかなものばかりで、欲しいものがたくさんあって。
例えば、インテリアモデルの倉本康子さんのオリジナルのシューズボックスは、あまりの使い勝手の良さにすぐに注文してしまいました。あとはビューティモデル・田中マヤさんのプロデュースした、アサイードリンクもぜひ飲んでみたいですね」

―少し裏話を聞きたいのですが、モデルの私物としてムックに掲載されているものは新品ですか? それとも本当の私物なんですか?

「もちろん、ほとんどがご本人の私物です。ただ、使用頻度が高く汚れなどで撮影に不向きなものは、同じものをリースして撮影しています」

―テーマや特集を決めるとき、どのように情報収集をしていますか?

「書籍編集なので、現在売れている書籍の内容を参考にします。また、部署では必ず週に1度プレ会議を行って、雑誌、テレビ、タレントさん、友人知人から聞いた今流行っているものや事柄などをアイデアレベルで企画を出し合っています」

―今度、『ONE』ではどのような方々を取り上げていくのでしょうか。

「基本的には20代後半から40代前半までの女性に人気のある「女性」に出演して頂く予定です。もちろん、それは女優やモデルに限らず、作家や研究家やスタイリストやヘアメイクなど裏方の方たちも出演していただこうと思っています」

―次号はどういったテーマがメインになる予定でしょうか?

「次号では『わたしの定番バイブル』と題し、各界の方々に自分の長く愛用しているもの、ずっと定番で使い続けているものなどを紹介していただく予定です。
また、紹介だけでなく実際読者の方もそれらも購入できるよう、問い合わせ先がわかるものにして、実用性も高めていきたいと思っています」

―今後『ONE』はどのようなムックを目指していきたいですか?

「情報過多の昨今、本当に知りたい上質な情報だけをわかりやすくコンパクトにお届けできるようなムック本を目指します。
また、メジャー感や憧れ感を大事にして、自分の手元に保存しておきたいと思ってもらえるような本にしたいと思っています」

―では最後に、どのような方に読んで頂きたいですか?

「いろいろなことに興味がある、元気でパワフルな女性がメインですが、カバーを見ていただき、そのワンテーマに興味をもって頂けたらどなたでも読んで欲しいと思っています!」

◇   ◇   ◇

 今後もどんどん盛り上がっていきそうな『ONE』。
 本を読んでみると、「真似したい!」と思うことがきっとみつかるはずです。次号は10月末に発売予定。少し日は遠いですが、ワニブックスのホームページや書店などでチェックしてみてください。
(新刊JP編集部/川口絵里子)


【関連記事】  元記事はこちら
現役トップモデル・美香の“美人になれる「ガイドブック」”
夏のミステリーは東野圭吾で楽しもう
人気急上昇中のモデル・神戸蘭子さんが初フォトエッセイを出版

【新刊JP注目コンテンツ】
芸能人の成功から学ぶマーケティング入門(新刊ラジオ 第463回)
新刊JP的夏の100選2010