過酷な環境?それとも? マグロ漁船の1日とは

写真拡大

 「借金のカタにマグロ漁船に乗せられる」という都市伝説、聞いたことありませんか?

 遠洋漁業に出るマグロ漁船。気の荒い漁師に大声で怒鳴られ、過酷な環境の元で働かされる…。この都市伝説の真偽はともかくとしても、マグロ漁船に乗っている漁師の生活は謎に包まれています。
 彼らは一体どんな風に仕事し、どんな生活を送っているのでしょうか。

 「マグロの鮮度保持剤」を研究していたところ、上司の思いつきでマグロ船に乗船させられてしまった齊藤正明さんのコミックエッセイ『マグロ船で学んだ人生哲学』(齊藤正明/著、腹肉ツヤ子/漫画、講談社/刊)は、齊藤さん自身の経験を通して、漁師たちの船上での生活や仕事哲学を学べる一冊です。
 その中で紹介されている、マグロ船の1日を追ってみます。

■午前6時〜午前11時・・・100キロに及ぶ長い仕掛けを海に流す「投げ縄」を開始。朝食(昼食と兼用)は交代でとる。

■午前11時〜正午・・・かかったマグロを引き揚げる「揚げ縄」の準備をする。

■正午〜午後3時・・・船のエンジンを止めて、マグロが仕掛けにかかるのを待つ。またこの時間は仮眠の時間でもあるそう。

■午後3時〜翌日午前3時・・・揚げ縄を開始する。マグロがかかるのは平均して30分に1匹程度だそうで、仕掛けがからまったりすると朝方(午前6時)まで作業が続くことも。夕食や夜食は交代でとり、休憩時間は飲み物や煙草を嗜む。

■午前3時〜午前6時・・・シャワーを浴び、就寝

 これだけ見ると、1日17時間以上も働いていることになります。過酷な労働環境というのは本当のようです。さらに毎日同じ人と顔を合わせないといけない、電話は通じないし、娯楽施設もない。ストレスも溜まる一方…かと思いきや、齊藤さんがマグロ漁船で見た光景は、漁師たちが楽しく、快適に働く姿でした。

 どんなトラブルにも対応でき、船内の雰囲気を良好に保つコミュニケーション能力を持った漁師たち。そんな中で漁師たちは齊藤さんに惜しみなくアドバイスを送ります。その言葉たちはまさに「金言」というべきもの。

 楽しく仕事をする秘訣は仕事の内容の楽しさでなく、仕事をどう捉えるか、そして周りの人との関係が大切なんですね。日常で職場のストレスを感じている人は、『マグロ船で学んだ人生哲学』で語られている漁師の考え方を参考にしてみてはいかがでしょうか。
(新刊JP編集部/川口絵里子)


【関連記事】  元記事はこちら
出稼ぎに行ってしまった年収29万円の貧乏社長の“その後”
現代の日本が抱える諸問題の対処法がすべて分かった
“マグロ取引の今後”を池上彰が丁寧に解説

【新刊JP注目コンテンツ】
マグロ船で学ぶ人生論!(新刊ラジオ 第1202回)
100冊が並ぶ!新刊JP的 夏の100選 2010