全長6mのワニ類の仲間・ファソラスクスと一緒に、東京タワーを背景に記念写真を撮ることもできる♪

写真拡大

いままでにないエンタテインメント性やリアルさを追求した恐竜イベントが、全国で相次いで開催されている。なかでも、“恐竜デート”スポットとしてカップルにぴったりなのが、東京・六本木で開催されている『地球最古の恐竜展』だ(9月26日まで)。海抜250mのジュラシックワールドには、ドキドキ度MAXな“恐竜バー”なるものも! バーでカクテルを楽しんだ後は、さらにナイトミュージアムで2人の距離を縮められるかも。

【写真】恐竜の骨格標本の下で楽しむカクテル

六本木ヒルズ森タワー52階・海抜250mの場所に登場した、同展内にある“恐竜バー”は、お酒と夜景のコラボでムード満点のスポット。

東京の景色を眺めながら6種のオリジナルカクテル、例えば「スイカとローズマリーのマティーニ」や「マスカルポーネと塩のカクテル」(各900円)などを、18mもある巨大な骨格標本の下で楽しむことができるのだ。加えて、アルゼンチンのワインや、スモークチキンも堪能できるとあって、“肉食系”な夜を満喫できそう。また、ロマンティックな照明演出で大人の雰囲気をエンジョイできるのも、デートにはうれしいポイントだ。※バーの利用には、別途展望台への入館料が必要

恐竜が誕生した約2億3000万年前の世界を再現したミュージアム『地球最古の恐竜展〜天空の恐竜ミュージアム〜』。アルゼンチン・サンファン国立大学自然科学館の協力で、最新の研究成果も紹介されているので、恐竜好きも大満足の内容だ。通常は22:00まで開放、毎週金曜日の閉館後には、懐中電灯を持ちながら照明の落ちた会場内を回る“ナイトミュージアム”も実施されるので、ぜひオシャレな“恐竜バー”とともにカップルで楽しんで!【東京ウォーカー】

【関連記事】
16cmのティラノサウルスが大暴れ!自分で作る“恐竜グミ”が発売 (東京ウォーカー(全国版))
『地球最古の恐竜展』巨大な18m骨格標本がいよいよ設営開始! (東京ウォーカー(全国版))
仲里依紗は「生まれたての恐竜」!? 成宮寛貴らがヒット祈願 (ザテレビジョン)
恐竜の登場に本上まなみ&矢口真里が思わず絶叫! (ザテレビジョン)
不用品を集めて恐竜に! 巨大エコアートが名古屋に出現 (東海ウォーカー)