ファンタジックな街並みを歩く主人公オリバーと妖精のシズク/[c]LEVEL-5 Inc.

写真拡大

大ヒット上映中の『借りぐらしのアリエッティ』。そんな本作を手がけたスタジオジブリが、アニメーションパートの製作を担当したゲーム「二ノ国」をご存知だろうか?

【写真】こちらはゲームのデモ画面

ニンテンドーDS版(12月9日発売予定とプレイステーション3版(2011年発売予定)で発売される「二ノ国」は、あの「ドラゴンクエスト8、9」や「レイトン教授」シリーズを世に送り出したゲーム製作会社レベルファイブ期待の最新作。そのアニメーションパートをジブリの製作陣が作成しているのだ。実際にデモムービーを見たところ、おなじみの絵柄は健在で、温もりのある世界観がそのままゲームの中に構築されている。

再現された幻想的でヨーロッパ調の町並みは、『天空の城ラピュタ』(86)や『ハウルの動く城』(04)、『ゲド戦記』(06)に近く、果てしなく広がる緑や自然は、これぞジブリといった感じだ。また、素直で機械いじりが好きな主人公の少年オリバーは『天空の城ラピュタ』のパズーに似ていて、何事にも積極的で物怖じしないヒロイン・マルは『魔女の宅急便』(89)のキキのよう。不思議なキャラクター、ナミダの妖精シズクは『となりのトトロ』(88)の小トトロや、『もののけ姫』(97)のコダマ、『崖の上のポニョ』(08)のポニョを彷彿とさせる。つまり、本作は今までのジブリ作品の要素が満載なのだ。

そして本作の最大の魅力は、何と言っても、今まで見ることしかできなかったジブリの世界を、自らの意思で自由に冒険できてしまう点に尽きる。自らが主人公となって、幼い頃から慣れ親しんだあの温もりのあるジブリの世界を歩き回れるなんて、まるで夢のようだ。また、音楽を担当するのが数々のジブリ作品を手がけてきた久石譲なので、作品の世界観に完全に浸ってしまうこと間違いなし。ゲームとしてもスタジオジブリの最新作としても「二ノ国」には期待せずにはいられない。【トライワークス】

【関連記事】
『借りぐらしのアリエッティ』初日「宮崎駿には内緒だけど『ポニョ』を超えたい!」 (MovieWalker)
『借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展』で小人の世界をいち早く体験! (MovieWalker)
宮崎駿も感涙した『借りぐらしのアリエッティ』の米林監督はカオナシのモデルだった! (MovieWalker)
宮崎駿監督も太鼓判!「借りぐらしのアリエッティ」大ヒット祈願 (MovieWalker)
ジブリの鈴木プロデューサーが分析 「エヴァ」のルーツは「ナウシカ」の巨神兵! (エンタメ)