(株)川島織物セルコンでは、7月1日に新発売したロールカーペットシリーズ「エコベーシック ロールカーペット」に関して、このほど「カーペットリサイクルシステム」を導入した。同リサイクルシステムは、使用済みのロールカーペットを、三菱商事(株)と共同申請で取得した広域認定のもとで回収し、新日本製鐵(株)のコークス炉によるケミカルリサイクルでほぼ100%化学原料にリサイクルするというもの。再生過程で二酸化炭素がほとんど発生せず、リサイクル後に残渣(残りかす)をほとんど排出しない。昨年オーダーカーテンで導入した同様のリサイクルシステムが順調に稼動し好評であることから、第2弾としてロールカーペットへの導入を決めた。
回収目標は2020年3月までに約100t(約5万平米)。これによるCO2削減量は約228t。

また、今回リサイクルシステムを導入したロールカーペットの新シリーズ「エコベーシック ロールカーペット」のうち約70%を占めるウール製品は、回収可能なウールカーペットとして業界初のエコマークを取得した。すでに発売中の「ウールフローリングVOL.4」もエコマークを取得しており、同社製ウールロールカーペットは、全商品エコマーク認定品となった。