「題名のない音楽会」でゲーム音楽SP、ドラゴンクエストやFFなどを演奏。

写真拡大

放送開始から40年以上にわたり、クラシックを中心としたさまざまな音楽をテレビで見られる(聴ける)番組として放送されている「題名のない音楽会」(テレビ朝日系)。毎週日曜日の午前9時からという時間ながら、根強い人気に支えられている番組だが、そんな「題名のない音楽会」の8月29日放送分では、ゲーム音楽スペシャルが放送されることが明らかになった。   

今回放送されるのは「マリオ・ドラクエ・FF〜大人気ゲーム音楽SP」。タイトルの通り、「スーパーマリオ」や「ドラゴンクエスト」シリーズ、「ファイナルファンタジー」シリーズなどの珠玉の名曲が演奏される模様だ。

番組公式サイトの「今後の放送内容」では、8月29日放送分について「ゲームのBGMとしての存在だったゲーム音楽は、素晴らしい楽曲が次々と誕生し、今や一つの音楽ジャンルとして確立しています。そして現在、そのゲーム音楽を扱ったオーケストラコンサートが大人気!今回はそのすばらしいゲーム音楽をご紹介します」と告知されている。

出演者には「ドラゴンクエスト」シリーズのすぎやまこういち、「ファイナルファンタジー」シリーズの植松伸夫、「星のカービィ」シリーズや「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズのクリエイター・桜井政博などが名を連ねており、ファンにとっては期待大の陣容。指揮は金聖響、演奏は神奈川フィルハーモニー管弦楽団が担当する。

テレビを通じてゲーム音楽のオーケストラ演奏を聴く機会はそう多いわけではないだけに、今回の「題名のない音楽会」は貴重な機会となりそうだ。