不動産ディベロッパーの森ビルが運営する社会人向け教育機関「アカデミーヒルズ」(竹中平蔵理事長)は、平河町森タワー(東京都千代田区)に「アカデミーヒルズ 平河町ライブラリー」を開設した。

 アカデミーヒルズは、六本木ヒルズ森タワー49階でビジネスパーソンを中心に3200人の会員を有する「六本木ライブラリー」を運営しており、「平河町ライブラリー」は六本木に続く2つ目の施設。

 「自律的に自立する個人」が場を共有し、より強いネットワークを築く機会を提供し、企業や組織への所属の有無に関わらず、「個人」が快適に働くための拠点となることを目指す。

完全予約制のワークデスク「キャレル」を中心に、ミーティングルームやラウンジ、年間約1000冊の新刊本を配架するリーディング・スペースを設置している。

 森ビルの深町友子アカデミーヒルズ事業部副主事は「地下鉄5路線の駅に近接する立地ですので、都心で活動するビジネスパーソンを利用者として想定しています。場の共有やメンバー限定のイベントを通じて、知識や情報を交換することによって、新たな発想が生まれるきっかけにしていただければ」と話している。

 月会費は3万1500円(税込)で、120ポイントが交付される。施設の利用に応じてポイントで支払う。完全予約制のワークデスクは30分で2ポイント、ミーティングルームは利用時間などでポイントが設定されている。開館時間は、平日は午前8時〜午後11時、休日は午前10時〜午後7時。

アカデミーヒルズ

残業時間が5カ月連続で増加、製造業は46.7%増
日本の労働生産性はOECD30カ国中で20位、先進7カ国では15年連続で最下位
「社長が選ぶ 今年の社長」 第1位はユニクロ

日本人材ニュースHRN」は人材採用・人材育成の専門紙。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。