Image by: S.F.J

写真拡大

 「Surfrider Foundation Japan(サーフライダー・ファウンデーション・ジャパン=S.F.J)」が "プロサーファーが提案する海あそび" をコンセプトに親子のビーチプログラムイベント「Beach Community Activation Project(=B.C.A.P)」を開催する。千葉県・南房総市の千倉海岸で8月10日に行われる予定だ。

 「S.F.J」とは、サーファーやボディボーダーの視点から海辺の環境保護活動を行なっている団体。今回開催されるイベント「B.C.A.P」は、海という大自然をサーフィンを通じて親子で楽しみながらより深く知ってもらうことを目的としている。また、このイベントを通して海辺の地域社会の活性化を目指し、環境問題に親子で関心を持つことの重要性を訴えている。会場では、プロサーファーによるサーフィンレッスンや海辺の漂着物、砂浜、水質、生き物などの説明を含めたビーチコーミングを実施。さらに、Jr.ライフガードプログラム、海の危険生物や怪我の対処法など、親子を対象としたプログラムが多数登場し、サーフィンというスポーツを手軽に体験できる機会を提供する。

■公式サイト
http://www.geocities.jp/hawaiiansea2000/bcap.html