五味隆典にとってUFCで2戦目となるタイ・グリ戦はのるかそるかの勝負となる

写真拡大

大会開催を3日後の8月1日(日・現地時間)に控えたUFC on Versus「JONES vs MATYUDHENKO」。日本から五味隆典、岡見勇信が出場する同イベントは、カリフォルニア州サンディエゴ・スポーツアリーナで行なわれる。

日本での注目は、やはり二人の日本人に集まるだろう。UFC2戦目となる五味は、連敗が許されない中で、タイソン・グリフィンと対戦する。14勝3敗のキャリアを誇り、その3敗目を6月に経験したばかりのタイ・グリだが、ジョー・スティーブンソンの負傷欠場により代役として、2カ月弱のインターバルで復帰戦に挑むことになった。

UFC戦績は8勝2敗のタイ・グリ、8つの勝ち星のなかで6つが判定勝ちで、敗れた試合も判定負け。特筆すべきは、判定勝ち6試合中4試合、そして、2敗中の1試合でファイト・オブ・ザ・ナイトを獲得している点だ。

(大晦日は)「判定ダメだよ、KOでなきゃ」という五味にとって、この判定勝ちが多く、しかもベストファイトと判断される戦績は組みし易くもあり、また組みし難いともいえる。

まず、なぜ戦い易いのか。米国MMAで競い合いのなかで勝利するには、打撃で手数を稼ぎ、要所でテイクダウンを奪う必要がある。言わずと知れたハードパンチャーの五味、そしてクロスの名手にとっては、前に出てきてくれる相手は望むところだろう。

加えて、テイクダウンに強いイメージのある五味だが、PRIDE以降の彼は自らテイクダウンを奪うという攻防ではなく、相手が組みついてきたところでトップを取るシーンが目立っていた。タイ・グリがポイントメークを狙い、ここ一番で組みついてきたところを潰すことができれば――。グラウンドに難のある五味も、トップからの攻めが有効になることが考えられる。

その一方で、この競り合いのなかで判定勝ちを収めてきたタイ・グリは精神的に折れることが少なく、3Rを動き続けるスタミナを持つ。以前の五味なら、この二つの要素はそれほど気に掛ける必要はなかった。

ただし、最近の五味にとってこの二点ほど重要な要素はない。全てはどれだけのモチベーションをもって、この試合に賭けているか――。乾坤一擲の勝負に出る五味には、日本のファンも、心身とも最高の状態にあることを願うばかりだろう。
対戦カード&詳細はコチラ

幻のPRIDE GP決勝戦が実現&大物参戦も
ヒョードルが歴史的敗戦、フランクは引退へ
テイシェイラ覚醒!! エドワーズも台風の目に
秋山2度目のオクタゴンはレーベンに一本負け