生命シミュレーション『ライフゲーム』のHTML5版

写真拡大

Michael Calore

イギリスの数学者John Horton Conway博士が[1970年に]考案した『ライフゲーム』[生命の誕生、進化、淘汰などのプロセスを簡易的なモデルで再現したシミュレーションゲーム]がブラウザで実行されている例は、これまでいくつも目にしてきた。これは恐らく、自動生成的なシステム(『セル・オートマトン』)におけるConway博士の実践が、プログラマーたちが簡単に再現できるほど単純なだけでなく、見て美しく、人の想像力を素早く捕らえるからだろう。

[セル・オートマトンは、格子状のセルと単純な規則からなる離散的計算モデル。非常に単純化されたモデルだが、生命現象や結晶の成長、乱流といった複雑な自然現象を模した結果が生じる]

最新作品を紹介しよう。ライフゲームのHTML5バージョンで、イギリスのプログラマーJoseph Mansfield氏が作ったものだ。HTML5のcanvasエレメントで遊ぶために、この「ちょっとした課題」に取り組んだという。

Mansfield氏のサイトでいくつかのパターンを試し、何が生まれるかを見てみよう。上に挙げたスクリーンショットは、100x20のグリッドに書いた「Webmonkey」という言葉で始めたゲームを10世代ほど進めたものだ。

ライフゲームについて知りたければ、『Math.com』にわかりやすい解説がある。

WIRED NEWS 原文(English)

  • 「利他的行動は戦闘で進化」:コンピューターモデルで分析2008年9月26日
  • 利己主義と裏切りが支配する世界に「協力」が生まれる条件は:シミュレーションで実験2009年3月4日
  • ネット上で進化する「デジタル生命」と、「超個体」に向かう人間社会2008年9月26日
  • 数式が生んだ宇宙:「3次元フラクタル」の画像ギャラリー2009年12月17日
  • 「物理法則を自力で発見」した人工知能2009年4月15日
  • 「自然界のすべてはシンプルなコードで再現できる」という新理論2002年10月25日