Image by: Begbie

写真拡大

 東京発の新ブランド「Begbie(ベグビー)」が、2010年秋冬シーズンのデビューコレクションを発表した。レザーとカットソーというミニマムなラインナップで2010年8月上旬から展開をスタートする。

 「Begbie」は、アメリカンラグシー等でメンズデザイナーとして活躍してきた飯牟礼隆弘(Takahiro Iimure)氏が手がける新ブランド。"個性が服に投影される"というコンセプトのもと、着る人の動きに合わせてできるシワや裾の伸びなど、素材自体がつくりだす様々な表情を大切にしたリアルクローズを提案する。全国のセレクトショップやウェブサイトなどで取り扱われる予定で、価格帯は、レザージャケット6万円台〜、Tシャツ1万円台〜、タンクトップ6千円台〜。

 デビューコレクションでは、"BLACK & WHITE"をテーマにメンズ、レディースウェアを展開。エッジを利かせたデザインのレザージャケットや、繊細な素材のカットソーをシンプルに落とし込んだインナーアイテムでロックかつストイックな世界を表現している。レザーアイテムには、シープレザーやベジタブル加工を施した程良く光沢感のあるラムベジタブルレザー、レザーの素に近いマット質感のラムネイキッドレザーなど素材感にこだわった3つのレザーを使用。次シーズンには、リラックス感の漂うスウェット素材を使用したアイテムを展開する予定だ。


■ウェブサイト
http://www.begbie.jp/

【記事の写真をもっと見る】