野球賭博から始まって、場所中もいろいろあった名古屋場所が終わった。横綱白鵬は史上初の3場所連続の全勝優勝で、連勝記録も47に伸ばした。敢闘賞の豊真將と阿覧、技能賞の鶴竜、やるヤツはどんなときでもやる。

   不祥事をどうするか、から始まった場所だから、天皇賜杯などの表彰一切を辞退、NHKの中継もなし、懸賞も激減、場所中の客席はガラガラ、茶屋や売店の売り上げもがた落ち、といいところなし。しかし、千秋楽は満員御礼が出た。

   白鵬は「うれしいですけど、こういう場所で残念でした。この国の横綱として、力士の代表として、賜杯だけはいただきたかった」と正直に話した。受けたのは表彰状と優勝旗だけ。故郷へのテレビ中継もなかった。

   場所前の騒動で、個人トレーナーが賭博の仲介をしていたことがわかり解約。腰の痛みは自分で治すしかなかったらしい。危ない相撲も2番ほどあったが、横綱の意地だろう、しのぎ切った。

   場所が始まってからも、松ケ根部屋、境川部屋などと暴力団関係との関わりがいわれ、協会再生を目指す独立委員会も動き出した。しかし、ファンの目はじわじわと土俵に戻って来たといってよさそうだ。

「暴力団と絶縁」に山ほどの難問

   相撲ジャーナリストの杉山邦博は、「客入りは10万人弱だったが、むしろよく入ったと思う。千秋楽には『来てよかった』『また来たいねぇ』という声をたくさん聞いた。


   白鵬の涙を見て、ジーンときた。日本人以上だなと。豊真將も魁皇も素晴らしかった」とべたぼめだ。が、「これからが大変だ」と心配する。

   肝心の暴力団対策は、独立委員会が排除宣言、罰則つきの禁止などを決めたという。だが、地方巡業に関わる問題が重くのしかかる。

   司会のみのもんた「何十年というつながりが断ち切れるのか」

   杉山「過去のことを言っても不毛ですから、これからです。反社会的勢力との絶縁を求める時代ですよ。罰則が有名無実になってはいけない」

   末吉竹二郎(国際金融アナリスト)「われわれは土俵だけでなく、協会のあり方をみている。それがだめなら土俵がこわれてしまう。(罰則は)原則、永久追放ですよ」

   みの「義理の、しがらみのと、わかった上で見ていかないといけない」

ヤンヤン

J-CASTテレビウォッチとは?

ワイドショーやドラマなどのテレビ番組を独自の視点でウォッチします。カリスマ占い師の不思議な言動や深夜のオモシロ番組もここでチェック!
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!