韓国も驚いた金賢姫へのVIP待遇「テロリストが堂々と闊歩?日本は不思議!」

写真拡大

大航空機爆破事件の実行犯、金賢姫(キムヒョンヒ)元北朝鮮元死刑囚が4日間の日本滞在を終え、日本政府のチャーター機で韓国に帰国した。事件では多くの犠牲者を出し、死刑判決が確定(特赦で釈放)したテロリストであるにも関わらず、日本の待遇はVIP並みであった。

今回の訪日で、拉致問題解決に向けた有力な情報をもたらしたという話は伝わってこない。「絶対生きている」と拉致被害者を励ました金元死刑囚だが、すでに20年以上前の記憶を基にした話。避暑地での面会や、ヘリコプターでの遊覧飛行に、日本国民から「パフォーマンス」との声が出るのも当然のことだろう。

この金元死刑囚へのVIP待遇に驚いたのは日本だけではない。韓国の国民は、日本政府が巨額を投じた金賢姫の4日間の訪日をはじめ、メディアの過熱した報道など、日本の反応そのものに驚いている。韓国のメディア各社は「日本の金賢姫への待遇は国賓レベル」「芸能人のような金賢姫」「金賢姫の訪日、特別待遇で何をした」といったタイトルで伝えている。

ネットの掲示板には、韓国ネチズンたちが「実に不思議だ。北朝鮮の指令を受けて、数多くの人を殺したテロリストなのに、なんで堂々と日本を闊歩しているんだ?」「とても恥ずかしいことだ、希代の殺人魔を…」「日本はなぜVIP待遇をしたのだろう。理由も無くお金を使うとは思えないが」と不思議がるコメントが集まっている。

金元死刑囚が日本に滞在していた間、日本のテレビはどこも拉致問題について特集を組み、1987年に起きた事件や、金元死刑囚の半生について詳細に伝えていた。だが、韓国のテレビではこような報道はほとんどされていない。韓国人の中には、金元死刑囚や大航空機爆破事件そのものについて、よく知らない人も多いという。

実際、韓フルタイム記者が、ある知り合いの韓国人に金賢姫を知っているかどうかたずねたところ、「キムヒョンヒって誰?韓国人?それとも日本人?」といった答えが返ってきた。日本ではVIP待遇で大注目された金賢姫だが、韓国での認知度はその程度なのかもしれない。


参照:芸能人のような金賢姫の姿、カメラがとらえる - ヘラルド経済
参照:爆破犯金賢姫「遊覧飛行」論争 - YTN


(文:林由美)

■【韓フルタイム】とは……
【韓フルタイム】とは韓国に特化した情報を提供する媒体です。
韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。
韓国中心の出来事をいち早くお届けできるように頑張っていきます。