Image by: OSKLEN

写真拡大

 「OSKLEN(オスクレン)」 は、定番エコバッグの新作を9月11日より表参道店にて発売する。特徴的なプリントに彩られた新作エコバッグは、世界自然保護基金日本委員会 WWFとコラボレーション。前作に引き続き土埋めると2年足らずで土に還る素材ルナ・エコ・ジュータ(植物の根)を使用していることに加え、収益の7%はWWFに寄付されるというさらにエコなバックへと進化した。

 WWFとのコラボレーションバッグは、デザイナーOskar Metsavaht(オスカル・メツァヴァト)がファッションを通じてエコ活動やライフスタイルを伝えているラインE-brigade(イブリゲード)から登場した。E-brigadeでは、他のコレクションに比べ環境保護活動の一環で開発されたテキスタイルe-fablicを率先して使用したアイテムが揃っている。

 「OSKLEN」は、WWFと生産や持続可能な原材料を使ったアイテムの展開を共同で行う他、その地域に住むコミュニティーの女性達に生産してもらうことで、環境だけでない社会問題にも積極的に取り組んでいる。


■OSKLEN×WWF コラボレーション バッグ
 価格:¥13,440 (本体価格¥12,800)
 サイズ:W39.0cm - H37.0cm - D15.5cm 持ち手 40.0cm