いくつもの船渡御のかが り火が川面に映り込み、 風情あふれる光景に。上 空に打ち上げられる花火 は見ごたえ十分

写真拡大

7月24日(土)・25日(日)の2日にわたって多彩な神事が行われ、例年多くの人でにぎわう天神祭。1000年以上の歴史を誇る日本3大祭りとして知られるこの祭りを締めくくるのが、約5000発が打ち上がる25日(日)の奉納花火だ。今年の見どころは、やはりシンボルの紅梅花火とスターマインだろう。

【写真】オープニングはココでしか見られない「紅梅花火」だ!

19:30ごろオープニングを飾るのが、オリジナルの紅梅花火。梅の形に広がる花火はぜひ目に焼き付けておきたい。もう一つの見所は、20:30ごろに訪れる船渡御を染めるスターマイン。船渡御の最後尾を照らし出すように、2か所同時に打ち上げられるスターマインは、フィナーレの合図となっている。

そんな今大会の悩みは人気ゆえの大混雑。そこで、観覧ポイントを大川の東西のエリアに分けて解説しよう。

まずは大川の東のエリア。桜宮橋北側の桜之宮公園内は、屋台が立ち並び、お祭りムード満点で例年どおり大混雑。花火を間近で観たいなら、17:00ぐらいから観覧場所を確保しておきたい。改札も小さいJR桜ノ宮駅は、駅前から混雑している。少し観覧場所からは離れるが、JR大阪城北詰駅や京橋駅からの方がスムーズに移動できるはず。特に行きも帰りも比較的すいているJR大阪城北詰駅がねらい目だ。

観覧ポイントの桜之宮公園は、打ち上げ花火が近い北側から場所取りをする観客でいっぱいに。打ち上げ花火からは距離があるが川崎橋の東側などに向かえば、混雑は避けられるかもしれない。帰りは、改札にたどり着くまでかなり時間がかかるJR桜ノ宮駅の利用は避けたい。JR大阪城北詰駅や京橋駅まで歩く方が混雑に巻き込まれにくいはずだ。

次に、大川の西エリア。大川の西側は、OAP前の円形広場を目指して、各最寄駅から多くの観客が向かう傾向が。いい場所を確保するなら、できるだけ早めに場所を取るのがおすすめだ。

JR天満駅や地下鉄の南森町駅は、17:30ごろからいっきに人が増える。扇町駅の方がすいているはず。観覧ポイントのOAP前の円形広場は混雑が予想されるので、視界が開けている場所を確保するなら早めに行きたい。帰りはそれぞれの最寄駅ともに大混雑。花火終了後は花火の余韻に浸りながら少し待機するのがいい。

大阪天満宮の象徴である紅梅といった打ち上げ花火や、仕掛け花火と船渡御のかがり火の共演に誰もが酔いしれるこの大会。事前にしっかり予習して、楽しい夏の夜を過ごしてみては? 【関西ウォーカー】

【関連記事】
本日開催!3D花火も登場「芦屋サマーカーニバル」の観覧術 (関西ウォーカー)
7/25(日)「天神祭奉納花火」が開催!iPhoneアプリ「関西花火ウォーカー」を持って出かけよう! (関西ウォーカー)
不況からの復活劇! “名物花火大会”再開の舞台裏 (東京ウォーカー)