トステム(株)では、マンションの古くなったサッシや玄関ドアをリース方式で交換できるように、三菱UFJリース(株)と新しくリース事業をスタートし、7月より全国のマンション管理組合向けに提案する。
同リース方式は、トステムが三菱UFJリースに商品を販売し、三菱UFJリースがマンション管理組合と商品リースの契約を結びというもの。商品の取付けに関しては、トステムが元請となり施工し、管理組合への提案もトステムが行なう。同リース方式を採用すれば、修繕積立金が不足していても、毎月定額の商品リース料と取付工事費だけで、サッシ·玄関ドアの改修工事をすることができ、他の共有部と並行した改修工事も可能となる。リース契約終了後は、取り付けたサッシや玄関ドアは無償で管理組合に譲渡する。