幻冬舎が「紙」と「電子」を同時発売

写真拡大

 幻冬舎が新刊となる新書『あなたが総理になって、いったい日本の何が変わるの』を7月22日に刊行した。

 タイトルを見てもわかる通り、本書は管直人総理の夫人である伸子氏が、公の場では見せない夫の人となりや素顔などをつづったものだ。

 また、本書は紙の書籍と同時に、電子書籍版もiPad・iPhone・pc対応の電子書店「理想書店」(株式会社ボイジャー)にて発売され、さらに続けてiPhone・iPod touch対応の電子書籍アプリとしても7月下旬以降に「App Store」で発売予定となっている。

 幻冬舎はこれまでにも携帯電話向けの電子書籍を発売してきたが、iPad・iPhone向け電子書籍の発売は初めて。同社編集・出版本部デジタルコンテンツ室の設楽悠介さんは「紙の本と電子書籍を同時に発売することの相乗効果を狙っての試み。テストケースであるため具体的なダウンロード数の目標等はない」とコメントした。

 今後も、新書をはじめ小説、エッセイのジャンルを電子書籍化する考えがあるそうだ。激動の出版界、幻冬舎の試みは同業他社にとっても注視せざるを得ない“実験”であるに違いない。
(新刊JP編集部/山田洋介)

【関連記事】 元記事はこちら
“電子書籍の普及”カギはどこに ポット出版が書籍と新刊同時に電子化を発表
電子書籍に代わる新たな“本”とは?
電子書籍の最先端から読書グッズまで 第17回東京国際ブックフェアをレポート

【新刊JP注目コンテンツ】
決断の作法(新刊ラジオ 第1188回)
仕事でいちばん大切な話し方の基本45 ― これ1冊でまわりの信頼と評価をモノにする!(新刊ラジオ 第1187回)