これから衰退していくであろう企業に見られる兆候

写真拡大

 栄枯盛衰。どんなものでも栄えたあとに待っているのは衰退だ。
 それは企業も同様で、ちょっと前に羽振りが良かった企業がいつの間にか倒産していたなんてことは当たり前のように起こっている。

 数々の経営者に影響を与えてきた『ビジョナリーカンパニー』シリーズの最新作、『ビジョナリーカンパニー3 衰退の五段階』(ジェームズ・C・コリンズ/著、山岡洋一/訳、日経BP社/刊)は偉大な企業の衰退の過程について5段階に分けて分析した1冊だが、どうして偉大な企業ですら衰退してしまうのか。
 本書の中から衰退する企業に見られる兆候を5段階のうちの3つをピックアップする。

第1段階で起こること:傲慢になる
 まず衰退し始める企業の初期に現れる特徴がこれだ。人々が高慢になり、成功を続けるのは自分たちの当然の権利であるかのように考え始め、成功した基礎的要因を見失う。
 成功したとしても、自分たちを過大評価していないか常に自問自答する必要がある。

第2段階で起こること:適切でない人材配置が行われる
 傲慢になると何が起きるか。事業を拡大するにあたり、規律なき拡大路線を取り、自分たちでは実績が上げられない分野に手を出してしまうのである。また、同時期に起こるのが、主要ポストに適切な人材を配置できなくなることだ。この兆候が出てきたときは、既に衰退が始まっている。

第3段階で起こること:良いデータを強調する
 衰退が始まると、内部では警戒信号が積み重なる。しかし、外面的には未だに強い企業として扱われるから、「一時的」「景気循環によるもの」「それほど悪くない」と行った説明でクリアしてしまう。さらに、良いデータを強調し、曖昧なデータは良く解釈するようになる。

 こうした段階を踏んでいき、企業は衰退を加速。第4段階そして第5段階で滅んでしまうというストーリーがあるという。ここから先は実際に本を手にとって読んでほしい。

 本書は『ビジョナリーカンパニー』の“シリーズ総括の書”として銘打たれており、これまでのシリーズ2作を読んできた人であれば必読であろうし、また、経営者でなくても、今の会社に危機感を持っている人には、どのように危険信号を察知し、衰退を回避できるかのヒントを教えてくれる。
 とても読み応えのあるビジネス書だ。
(新刊JP編集部/金井元貴)


【関連記事】 元記事はこちら
店舗面積1坪なのに年商3億! その店に隠された秘密
新しい世界を作り続ける「社会起業家」が考えていることとは?
企業が成長するために必要なことはお金よりも理念の共有

【新刊JP注目コンテンツ】
仕事でいちばん大切な話し方の基本45 ― これ1冊でまわりの信頼と評価をモノにする!(新刊ラジオ 第1187回)
人を動かす“超”話し方トレーニング【サブリミナルCD付き】 劇的な成果が手に入る驚異の会話術(新刊ラジオ 第1186回)