UFCでは同じウェルター級で戦うことになるシーザー・グレイシー柔術の同門のネイト・ディアズとトレーニングするジェイク・シールズ

写真拡大

噂の域を越え、もはや既成の事実として捉えられていたジェイク・シールズのUFC出場が、19日(月・現地時間)にオフィシャル・ホームページで正式に伝えられた。キャリア25勝4敗1分、ミドル級&ウェルター級の非UFC最強ファイターがついにオクタゴンデビューを迎える。

オフィシャルニュースによると、UFC出場に関しジェイクは「これまでUFC以外のあらゆる場所で戦い、どこででもタイトルを保持してきた。でも、そこはUFCではなかったんだ」と、現在の心境を語っている。

4敗こそ喫しているが、最後の敗北が2004年12月の修斗・菊池昭戦。この試合以降、5年8カ月で14連勝中。本人も語っているように、ストライクフォースでは目ぼしい対戦相手がいないという理由で、ミドル級で戦いジェイソン・メイヘム・ミラーを下し、同級世界王座を獲得。4月のCBSライブ大会ではダン・ヘンダーソンを破ったことは、記憶に新しいだろう。

ストライクフォース世界ミドル級王座を獲得するまで、ジェイクは修斗世界ミドル級(76キロ)、ROTR(ランブル・オン・ザ・ロック)ウェルター級(78.5キロ)トーナメント優勝、エリートXC世界ウェルター級王座を獲得してきた。

この間、破ったビッグネームは桜井“マッハ”速人、ミルトン・ヴィエイラ、トビー・イマダ、デイブ・メネー、岡見勇信、カーロス・コンディット、ヘナート・ベヒーシモ、マイク・パイル、ニック・トンプソン、ポール・デイリー、ロビー・ローラーという錚々たるメンバーだ。

「名声や大金を手にすることは嫌なもんじゃない。でも、僕が戦う一番の理由はベストファイターを相手に自分がどれだけできるか、試してみたいから」というジェイク。UFCには王者GSPを初め、ジョン・フィッチ、チアゴ・アウベス、ジョシュ・コスチェック、カーロス・コンディット、マーティン・カンプマンと右を見ても、左を見ても強豪揃い。いくらでも自分を試すファイトができるようになる。

代役出場など急なオファーを以前に受けたことはあったが、自らを安売りしなかったのもジェイク。タイトルを狙うことができる位置でのUFC参戦を果たすことができる。

オフィシャルリリースでは、触れられていないが、10月のUFC121におけるマーティン・カンプマン戦が、オクタゴン初陣となると見られており、現時点でUFCではウェルター級で戦うことになるようだが、本人はミドル級王座もその視野に入れている。
詳細はコチラ

幻のPRIDE GP決勝戦が実現&大物参戦も
ヒョードルが歴史的敗戦、フランクは引退へ
テイシェイラ覚醒!! エドワーズも台風の目に
秋山2度目のオクタゴンはレーベンに一本負け