前回の対戦では2R1分57秒ミアのTKO勝ちとなっているが、兄弟揃い踏みでノゲイラが雪辱を果たすか

写真拡大

19日(月・現地時間)ズッファより、9月25日(土・同)にインディアナ州インディアナポリスのコンセコ・フィールドハウスで開催される、 UFC119「MIR vs NOGUEIRA 2」の対戦カード第一弾の正式発表があった。

UFCにとって初開催となる中西部インディアナポリス大会は、NBAのインディアナ・ペイサーズや、WNBAのインディアナ・フィーバーの本拠地として、約18,000人の収容を誇る同所で行われる。

そのメインで対戦するのは、08年12月のUFC92で、TUFシーズン8のコーチ対決として同世界ヘビー級暫定王座を争ったフランク・ミア×アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラの再戦となる。良い人ミノタウロと、毒舌ミアという両者のキャラクターが注目を浴びた前回の対戦では、ミアが打撃でノゲイラに圧勝するという意外な結果に終わっているが、負傷を抱え、敗北後も言い訳にしなかったミノタウロだけに、今回の対戦では万全のコンディションで挑んでもらいたいものだ。

また、同大会では、ホドリゴ・ノゲイラの実弟アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラの参戦も決定、TUFシーズン8覇者で、TUFフィナーレから数えてUFC 公式戦4連勝中、MMAでも11戦11勝(※加えていうと、TUFシーズン8で3勝を挙げている)のパーフェクトレコードを持つライアン・ベイダーと対戦する。

TUF8でベイダーはチーム・ノゲイラに所属。しかも、セレクションでノゲイラが1番手に指名したお気に入りのファイターだった。ノゲイラの期待通り、シーズンを制したベイダーが実弟と対戦するのも、ちょっとしたドラマといえるだろう。

尚、ノゲイラ兄弟の揃い踏みは、06年7月のPRIDE無差別級グランプリ 2006 2nd ROUND以来。この時は、ホジェリオがアリスター・オーフレイムを、ホドリゴがファブリシオ・ヴェルドゥムをそれぞれ破っている。さらに同大会ではジョシュ・バーネットに敗れたマーク・ハントが、インディアナポリス大会でUFCデビューを飾り、シェーン・マッコールと対戦することも決まっている。

ちなみにUFCにとっての兄弟揃い踏みは今年1月のUFC109、ダン&ジョー・ローゾン兄弟の同時出場以来となる。
詳細はコチラ

幻のPRIDE GP決勝戦が実現&大物参戦も
ヒョードルが歴史的敗戦、フランクは引退へ
テイシェイラ覚醒!! エドワーズも台風の目に
秋山2度目のオクタゴンはレーベンに一本負け