TBS系列「S1」(17日放送分)では、ベルギーのリールセSKに移籍が決まった日本代表GK・川島永嗣に、番組MCの魔裟斗がインタビューを行った。

「試合の印象は顔ですね。何回もいわれていると思うんですけど、気合いの入った表情が僕とラモスさんで大絶賛しています」と切り出す魔裟斗に対し、「スイッチが入るんですかね。W杯終わってから“ドヤ顔して”っていわれるんですけど、自分でも意識していないから分からないですね」と答える川島。

また、ベルギー行きについて、川島が「基本的には年末まで帰ってこれないですね」というと、なんと魔裟斗は「彼女とかは?お見送りとかは?」とストレートに質問。一旦は「一番の大ファンである両親がきてます」と濁した川島だったが、「彼女いないんですか?」と食い下がる魔裟斗に、川島は「ストレートですね。まあ、その辺は次回お会いした時に」と苦笑いするしかなかった。

さらに、「大袈裟なことになってしまっていますが、ある程度、英語とかイタリア語とか日常会話くらいは」といい、以前から語学の準備も行っていたという川島。ベルギー移籍には「ポルトガルのチームとか、レベルも少し上の国もありましたけど、やっぱり自分が試合に出て、その先もステップアップしていけるところっていうのを考えるといい環境」と語った。