任天堂が海外で年配者向け『ニンテンドーDS』広告を掲載

写真拡大

任天堂(Nintendo of Europe)がイタリアで、年配者向けに『ニンテンドーDS』シリーズの広告を出している事がわかった。任天堂はイタリア市場向けに2009年から断続的に広告を出しているようで、『ニンテンドーDS』を手に持って年配者の俳優がゲームをして遊んでいるデザインになっている。

任天堂は画面がビッグサイズになった『ニンテンドーDSiLL』を販売し、年配者でも大画面で楽しめるとしていたが、年配者を起用した広告を日本で展開していない。海外での方針は違うのか、どんどん年配者たちにも『ニンテンドーDS』で遊んで欲しいようである。

もっと現実的な事をいえば、いままでターゲットにしていなかった年配者層にゲームの販売を広げることで、任天堂は新たなユーザーと利益を獲得できると考えているのだろう。生活に余裕がある年配者層が任天堂にとって大きな市場になりえるか? 今後も年配者向け広告が続くようならば、手ごたえアリなのかもしれない。

ちなみにイタリアの任天堂は奇抜なコラボレーション展開などをすることがあり、かつて『Wii』と豪華客船がコラボレーションをして世界クルーズを展開していた事もある。また、ヨーロッパ版の『ポケットモンスター』にはギャンブル性が強すぎるとして、スロットマシーンがない

Photo by Rocket News24 Staff / 本誌記者撮影(イタリア)

このニュースの元記事を読む

■こんなびっくりニュースもあります