野球賭博問題で世間を騒がせている大相撲。TVのニュースでは伝えられない情報を得るために7月場所がおこなわれている愛知県体育館へ足を運んだ。

 相撲の当日券を求め、朝8時前から熱心な相撲ファンが並んでいた。当日券販売の窓口には、「暴力団にはチケットを販売しない」ことを明記している。2009年までには見られなかったことで、会場内にも警察官が警備をおこなっている。当日券を求める人のほとんどが一番安い自由席の2,800円か、イス指定席の3,200円のチケットを買い求めていた。
 2009年の名古屋場所と違った点は、入口の席には高砂親方が訪れる人のチケットもぎりを淡々とおこなっていることだ。
 会場内で、13時からチャンコを販売しているが、人気商品のため、あっという間に在庫が無くなり、残念ながら筆者は口にすることが出来なかった。

 3日目の取り組みで印象に残ったのは、観客から「258キロ〜」とヤジられた山本山。突き押す力は強いが、相手の力士にかわされると自らのカラダを止めることが出来なくてあっけなく負けてしまう姿が観客の溜め息を誘っていた。
 そしてやはり人気なのは、高見盛だ。登場するだけで何故だかほんわかした気分になるのか、歓声が大きかった。もはや無くてはならないロボコップ的アクションが観客の笑いと手拍子を誘い、2009年と同じように会場を盛り上げている。
 意外といっては失礼だが、一番女性ファンの歓声が多かったのが栃煌山。女性を惹きつける何かのフェロモンがあるのだろうか。取り組みにもしっかり勝利し、女性ファンは大喜びだ。
 旭天鵬に敗れてしまったが、何気ない仕草が非常にたくましく感じたのが日馬富士だ。体のバネの強さと柔らかさはタイプは違うが、プロレスラーTAJIRIの身体能力の高さを彷彿とさせる雰囲気を持ってる。
 横綱、白鵬は朝赤龍の変化相撲をモノともせず、しっかりとした横綱相撲で3日目を締めたのはさすがである。

 今回、事件の影響があり、大幅に懸賞を出す企業が減ったこともあり、Mから始まる世界的なハンバーガーチェーンの懸賞が一番目立っていた。

【他にはこんな記事も!!】
田中正直のウェブランニングクリニック 「第25回サプリメント2」
球宴特別枠&ホームランダービー出場選手決定の裏側
FA7年要求の落としどころは?