2010年上半期に希望・早期退職者を募集した上場企業は66社であることが、信用調査会社の東京商工リサーチの調べで分かった。前年同期の145社に比べて大幅に減少したものの、2005年〜2008年の年間社数(57〜68社)に上半期の時点で達しており、不安定な雇用環境が続いている。

 同社によると、公表されている募集人数の合計は65社1万687人。前年同期145社1万5347人に続いて、1万人を超えている。そのうち募集人数100人以上が31社となっている。

 募集人数が多かったのは、プロミス900人、ヤマハ発動機800人、メディパルホールディングス750人、近鉄百貨店700人、西松建設600人、CSKホールディングス520人、太平洋セメント500人の順。

 応募結果を公表した企業のうち、応募人数が募集枠を上回った主な企業は、プロミス(募集900人、応募966人)、松屋(募集120人、応募171人)、CSKホールディングス(募集520人、応募545人)、ノーリツ鋼機(募集200人、応募221人)となっている。

 一方、応募人数が募集枠を下回った主な企業は、メディパルホールディングス(募集750人、応募93人)、不二サッシ(募集330人、応募267人)、オートウェーブ(募集130人、応募85人)、ソディック(募集150人、応募106人)、中山製鋼所(募集100人、応募57人)だった。



日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。