Xbox360『ドリームクラブ』がPSPでも発売決定! 「終わった、完全に終わった」

写真拡大

マイクロソフトのゲームハード『Xbox360』で絶大なる人気を誇っている美少女恋愛シミュレーションゲーム『ドリームクラブ』(発売元: D3パブリッシャー)が、SCEの携帯型ゲーム機『PSP』でも『ドリームクラブ・ポータブル』として発売される事が判明した。この情報は人気ゲームブログ『オレ的ゲーム速報@刃』が伝えているもので、信憑性は高い。

なぜならば、この情報は7月15日に発売されるゲーム雑誌『週刊ファミ通』に掲載されているからで、『週刊ファミ通』の発売前にインターネット上に情報が流れて発覚したからである。ネット上に掲載されている『週刊ファミ通』のもくじには、ハッキリと『ドリームクラブ・ポータブル』の名が掲載されている。

この事に対して『Xbox360』ユーザーたちは「終わった、完全に終わった」や「D3勘違いしてんなぁ……あれが売れたのは箱〇だからだろ」と悲しみを隠せずにいる。

しかし、発売元のD3パブリッシャーはどこのメーカーよりも『Xbox360』ユーザーのことを考えているメーカーだ。あえて『プレイステーション3』や『Wii』で『ドリームクラブ』を出さず、『Xbox360』に出したのには理由があるはずだ。それは、D3パブリッシャーがどこよりも誰よりも『Xbox360』ユーザーの層を知っているからであり、理解しているからだと思われる。

そう考えると、『ドリームクラブ』がそう簡単に『Xbox360』から他社ハードに乗り移るとは思えない。携帯ゲーム機で『ドリームクラブ』を出す際にユーザー層を考えて『PSP』という選択になっただけな気がしなくもない。据え置き型ハードで『ドリームクラブ』を遊べるのは『Xbox360』のみ。そう考えると、『Xbox360』の裏切り者リストにD3パブリッシャーを入れるのはチョット早すぎるかもしれない。

当編集部も、D3パブリッシャーは『Xbox360』ユーザーを裏切らない。そう確信している。

Screenshot from jin115.com.
This image is used in accordance with copyright law number 32.

このニュースの元記事を読む

■こんなびっくりニュースもあります