東京都と中小企業振興公社は、学生が企画したビジネスプランを競う「平成22年度(第9回)学生起業家選手権」を開催する。



 同選手権は、エントリーシートによる一次選考、詳細なビジネスプランによる二次選考、プレゼンテーションによる三次選考、そして決勝大会進出者が決まる。決勝大会進出者には、各組に専門家によるサポートがついてビジネスプランがブラッシュアップされる。

 昨年度も好評だった会場の観客が審査に参加し受賞者を選出するオーディエンス賞は、今年度も実施する。学生ならではのプランと熱い思いをぶつけることができる絶好の機会だ。

 優秀賞受賞者には、個別育成プランを作成し、財務知識や知的財産の知識など会社経営のノウハウを伝授する創業サポートが行われる。50万円が贈呈され、さらに翌年度、会社を設立すると事業資金100万円が支援される予定。

 応募対象は、2011年度に東京都内で会社設立をめざす学生(個人、グループ可)、エントリーは8月9日〜10月29日、インターネット、メール、ファクス、郵送などで受付ける。

 選手権の開催で、東京都と中小企業振興公社では、学生の起業家マインドの醸成および学生発の優れたベンチャー企業の輩出を支援する計画だ。 

 問い合わせ先は、産業労働局商工部創業支援課、?03−5320−4763、(財)東京都中小企業振興公社多摩支社、?042−500−3901。

 詳細は、順次ホームページで発表される。http://tgks.net/

情熱を持った取り組みがベンチャーには求められる
ライブレボリューション〜1万4千人が応募、内定者7人の厳選採用
6月末時点の内々定率50% マイコミ調べ

日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。