by totalAldo

1980年代末から1990年代初めにかけて世界各国で大流行した落ち物パズルゲームの元祖「テトリス」。テトリスは数種類のブロックが登場し、ブロックを横一列に並べると消えるルールになっているのですが、実はそのテトリスブロックがちょっと残酷な方法で作られていることが分かりました。

この真実を知ってしまうと、これまで以上にテトリスブロックをちゃんと積み上げないといけないという意識が強まるかもしれません。

詳細は以下より。
живи быстро, умри молодым и оставь красивый труп... - даже когда все у тебя погано, никто не должен этого видеть

一見ただのブロックと思われていたテトリスブロックは、実はドット絵のキャラクターたちが電動のこぎりで切り刻まれたものだったみたいです。


ひょっとすると、倒された敵キャラやゲームオーバーになった主人公キャラは最終的にここに運ばれてきてテトリスブロック化されているのかもしれませんね……。

・関連記事
「クリアできるものならしてみろ!」と言わんばかりの挑戦的な超高難易度テトリス - GIGAZINE

テトリスモードとマリオモードを合体させたゲーム「Tuper Tario Tros」 - GIGAZINE

人海戦術でピクセルを忠実に再現した「人間テトリス」の手に汗握るムービー - GIGAZINE

迫り来るテトリスブロックをひたすら避け続けるゲーム「Tetris’D」 - GIGAZINE

記事全文へ