元大関千代大海の佐ノ山親方が野球賭博&違法カジノ賭博をやっていた――。本日14日発売の週刊新潮が、野球賭博の仲介人と称するA氏の爆弾証言を載せている。

対戦チームと金額のメモ

   スパモニも、新潮に載った「証拠写真」を紹介した。A氏が出したという、千代大海の野球賭博の取引メモである。「大海」と書かれた文字の横に、G-Dなど、対戦チームと思しきアルファベットがある。その文字のどちらか片方の上に、10、5、3などの数字が小さく書き込まれている。それぞれ単位は万円だそうである。


   この報道に対して、佐ノ山親方は「捏造だ。話にならない。ムカついている。上等だ」などと元ツッパリらしい口調で話し、賭博疑惑を全否定しているという。

   スタジオでは、鳥越俊太郎が寝ぼけてるのか疲れてるのか、その両方のようなたどたどしい口調で話していた。「A氏が勝手に書いたかもしれないねえ」「証拠としてつめられない。信用していいのか」などと、メモの信憑性を疑うことしきりであった。

ボンド柳生

J-CASTテレビウォッチとは?

ワイドショーやドラマなどのテレビ番組を独自の視点でウォッチします。カリスマ占い師の不思議な言動や深夜のオモシロ番組もここでチェック!
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!