自分が望む望まないにかかわらず、生まれたときに付けられる名前。自分の名前が好きと言う人もいれば、嫌いな人もいるでしょう。特に平凡な名前を持つ人は、自分の名前を嫌いになりがちです。しかし、そんな平凡な名前を逆手に楽しんでいる人がいます。

 都内で広告業に携わる田中宏和さんは、趣味として同姓同名集めを続けている41歳。いままでに60人以上の田中宏和さん情報を目にし、うち40人以上と連絡を取り、13人と実際に対面。その特異な活動が注目を集め昨年はテレビにも出演。そして今年『田中宏和さん』なる本まで出版してしまいました。

 同書の著者はもちろん「田中宏和」さん。そんなの当たり前だろと思いきや、巻末の著者欄を見ると「田中宏和」の名がズラリと14個も記載されています。そうです。この本は14人の田中宏和さんによる共著として作られたのです。

 この本に登場するのは、田中宏和運動を主宰する「ほぼ幹事の田中宏和」さんをはじめ、「渋谷の田中宏和」さん、「作曲の田中宏和」さん、「WEBの田中宏和」さん、「レコードの田中宏和」さん、「やめとまの田中宏和」さん、「社労士の田中宏和」さん、「映像の田中宏和」さん、「ランプの田中宏和」さん、「理科の田中宏和」さん、「レーザーの田中宏和」さん、「エンジニアの田中宏和」さん、「豪商の田中宏和」さん、「りんごの田中宏和」さんの14人。年齢も仕事も住んでいる場所も違う田中宏和さんたちが、同姓同名というだけで一冊の本を作り上げてしまったのです。

 気になる本の内容はというと、田中宏和運動の歴史や田中宏和カタログ、田中宏和グッズの紹介、9人の田中宏和さんが貸切バスで長野県在住の田中宏和さん(×2名)に会いに行ったツアー記、田中宏和の姓名鑑定、社会学者・大澤真幸さんへの同姓同名をテーマにしたインタビューなど。

 ちなみに姓名鑑定によると、田中の名字に対する最良の名はなんと「宏和」だったそうです。全国の田中さん、息子が生まれたあかつきには名前を「宏和」にして田中宏和運動に参加してみてはいかがでしょうか?



『田中宏和さん 』
 著者:田中宏和
 出版社:リーダーズノート
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
“自分探し”よりも“師匠”を探すべし〜『最強の人生指南書』(2010年6月30日11:13)
ダサいものを身にまとう方がモテる?〜『モードとエロスと資本』(2010年6月30日06:25)
個人vs戦略 W杯南アフリカ大会で優勝するのは?〜『「1対21」のサッカー原論』(2010年6月29日06:37)


■配信元
WEB本の雑誌