Image by: PRADA

写真拡大

 「PRADA(プラダ)」は9月18日に名古屋に新たなフラッグシップ ショップをオープンする。店舗面積約1,000m²で2フロアからなり、プラダ 青山エピセンター、プラダ 銀座店に次ぐ日本では3番目の広さを誇る大型店舗。バッグ、洋服、シューズ、サングラスをはじめとするメンズ、レディスのコレクションなど幅広く取り揃える。

 名古屋店が位置する中村区名駅は、名古屋駅からもほど近く、近隣には「Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)」や「Christian Dior(クリスチャン・ディオール)」高級ブランドがテナントとなっている複合商業施設「MIDLAND SQUARE(ミッドランドスクエア)」も存在する。世界的な建築事務所、ヘルツォーク・アンド・ド・ムロンが手がけたことでも知られるプラダ 青山エピセンターに続き、名古屋店は建築家Roberto Baciocchi(ロベルト・バチョッキ)による設計。Roberto Baciocchiは、2009年に「PRADA」がパリのボーヴォ広場に5ヶ月間の期間限定ショップをオープンした際にも店舗設計を担当しており、その大胆なデザインが話題を呼んだ。

 オープンを記念して、プラダのニューアイコンバックの名古屋店限定カラーが登場。1950年代のバックの形からインスパイアされたクラシカルなミドルサイズのバッグが、ブラックとピンクベージュの2色でラインナップ。その他、幾何学プリントを使用した名古屋限定のメンズフーデットブルゾンも販売される予定。


■PRADA Nagoya
オープン日 2010年9月18日
住所:名古屋市中村区名駅 4- 6-17
営業時間:月-木 11:00 - 20:00
      金.土.日 11:00 - 21:00

【記事の写真をもっと見る】