7月6日にソニーが大容量HDDを搭載した新型PS3「CECH-2500」シリーズ2機種と地デジレコーダーキット「torne」同梱モデルを発表しましたが、これを受けて現行モデルの処分が開始されました。

「外付けHDDをガンガン使うから内蔵HDDの容量なんて関係無い」といった人や、「とにかく安価なPS3が欲しい」という人は、安くなった現行モデルの購入を検討してみるのもいいかもしれません。

詳細は以下から。
価格.com - SONY プレイステーション3 HDD 120GB チャコール・ブラック CECH-2100A 価格比較

大手価格比較サイト「価格.com」によると、新型PS3の登場を受けて希望小売価格が2万9980円からオープン価格へと変更された現行モデルのPS3「CECH-2100A」が2010年7月9日23:00現在、2万4680円で販売されています。

価格変動履歴はこんな感じ。7月6日に新型PS3が発表された途端、これまで2万6000円以上で推移していた価格が一気に下がっています。


新型PS3が発売される7月29日まではまだ時間がありますが、現行モデルが底値となるのは新型PS3が発売された後のことなのでしょうか。新型の発売日までに現行モデルを値下げして売り切ってしまおうとする店舗が出るということも考えられるため、底値を見定めるのはなかなか難しそうです。

・関連記事
発売から苦節3年超、ソニーがPS3本体を売るだけで利益を出せるように - GIGAZINE

「torne(トルネ)」が大ヒット中のPS3、最もお買い得な換装用HDDは? - GIGAZINE

ソニー、PSPと携帯電話を合体させた「PSPケータイ」を開発していることを認める - GIGAZINE

長き時を経てようやく「グランツーリスモ5」の発売日が正式決定、3Dにも対応 - GIGAZINE

記事全文へ