派遣スタッフの時給が引き続き低迷している。リクルートが同社の求人メディアに掲載された求人情報から取りまとめた結果によると、5月の派遣スタッフ募集時平均時給が23カ月連続で前年同月を下回ったことがわかった。三大都市圏(関東・関西・東海)の平均時給は前年同月比1.1%減の1448円。

 職種別にみると、クリエイティブ系が前年同月比1.7%増の1565円で、18カ月ぶりに前年同月比プラスに転じた。オフィスワーク系(1414円、前年同月比1.1%増)も2カ月ぶりに前年同月比プラス。

 営業・販売・サービス系(1336円、同0.8%減)、IT・技術系(1770円、同4.8%減)、医療介護・教育系(1502円、同1.2%減)は前年同月比マイナスとなっている。

 地域別にみると、関東(1513円、前年同月比1.8%減)、東海(1296円、同1.5%減)、関西(1328円、同1.9%減)のすべてで前年同月比マイナスだった。

非正規労働者の雇止めさらに拡大、6月までに約8000人
派遣労働者が大幅に減少 アルバイトになれば収入激減
派遣法改正の影響で派遣労働者が大量失職か

日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。