Image by: Fashionsnap.com

写真拡大

 この夏、オシャレに生まれ変わったステテコがブームの兆し。世界初のステテコ研究所「steteco.com(ステテコドットコム)」から誕生した "アートなステテコ" が人気を集めている。

 着物やズボンの下にはく肌着として日本人の日常に密着してきたステテコがイメージを一新。ブームの火付け役 steteco.com の新プロジェクト「Art&Steteco PROJECT」では、アーティストとのコラボレーションにより、ステテコがすっかりオシャレに変貌を遂げている。参加アーティストは、 「HIROCOLEDGE&Co. (ヒロコレッジ)」の高橋理子、石岡良治と石岡紗佑里によるユニット「enamel.」 、そして「NUNO WORKS」と、多彩な顔ぶれ。それぞれのアーティストの感性が活かされた新しいステテコがユニセックスで提案された。デザイン性だけではなく、よこ糸に上質なスーピマ綿を使用した綿クレープ素材を用いており、快適な着心地も特徴だ。

 これらの "アートなステテコ" は、steteco.comオンラインショップの他、エキュート東京内の店舗にて発売とともに話題を集め、「キャッチーな柄がお客様の目を引いている。すでに完売サイズが出ており追加生産中」(steteco.com 広報)とのことで、順調な売れ行き。今や本来の肌着としてだけではなく、リラクシングウェアやレギンス感覚の外出着として幅広い世代に人気を集めている。手頃な価格はギフトとしても最適だ。steteco.comでは夏本番を前に、レディースのタンクトップやショートパンツなどの新作が登場し、アートでオシャレなステテコがますます充実する。


■steteco.com「Art&Steteco PROJECT」http://www.steteco.com/asp2010/

【記事の写真をもっと見る】