東リ タイルカーペットの新シリーズ3品種を8/4に新発売

写真拡大

東リ(株)は、グラフィックタイルカーペットGXシリーズ「コンティニュアス」、タイルカーペットGAシリーズ「GA-100W」、タイルカーペットGAシリーズ「GA-8800EM」の3品種を8月4日(水)に新発売する。

「コンティニュアス」は、国内初のタテヨコリピート柄のタイルカーペット。50cm角のサイズで柄が途切れない連続柄のため、流し貼り、市松貼りのどちらでも施工が可能となった。デザインは、グラデーションや細かなドット+グラデーションを表現したベースカラーが3柄6アイテム、ベース柄の上にスクエアやバイアスのドット柄やサークル柄などを組み合わせたパターンが11アイテムとなっている。
また、「GA-100W」はロングセラー商品「GA-100」の意匠性を高めたもので、ストライプの配置を工夫することによって、より立体的なデザイン性を実現した。「GA-100」との貼り合せも可能となっている。5柄23アイテム。価格については「GA-100」も含めて、7600円/平米に設定された。
そして、「GA-8800EM」は、パイルに自動車のエアバッグの工場内端材を再生材料としたリサイクル率100%のナイロン糸を使用した、エコマーク認定のタイルカーペットである。バッキング材にもリサイクルシートを使用しており、パイルからバッキングまでトータルのリサイクル商品となっている。同商品を使用することで、CO2排出量は33%削減できる。。