東リ(株)は、プリントタイルの新シリーズ「ロイヤルストーン」「ロイヤルウッド」、並びに「メルグラン」「クリアプレーン」の新色を、7月23日(金)に新発売する。
新シリーズではひし形や正六角形など既成概念にとらわれない新たな形状の提案や抽象柄の充実、木目調壁面仕上げ材「リアルデコ」との同柄同色の投入など、意匠性をさらに向上させた。さらに環境対応も強化、「クリアプレーン」は全点、「ロイヤルストーン」「ロイヤルウッド」は約90%のアイテムにおいて、プリントタイルの常備在庫品としては業界初のエコマークを取得した。

また同社では、同時にコンポジションタイル「Vinyl Soil(ビニルソイル)」シリーズの新商品として「グラノーブル」「グラビスク」「モクリン柾目」を発売、並びに「モクリン」「フェイソールプルス」の新色を発売する。
「Vinyl Soil」シリーズは、従来のコンポジションタイルのイメージを払拭し、素材のもつ質感表現や色彩表現の価値を根本から見直し、アイデンティティーを持った新しいデザインの可能性を追求したコンセプトシリーズ。今回は、工業製品でありながら、同じ表情が2つとないというコンポジションタイルの利点を活かし、木、石、土のような「ゆらぎの自然美」をテーマにした、表現豊かなデザインを提案する。