就職情報を提供するエン・ジャパン(東京都新宿区、鈴木孝二社長)は、同社が運営する学生向け就職情報サイトで、2011年卒業予定の学生と求人企業を対象とした新卒採用動向調査『2011年度 総括調査』を実施し、結果を発表した。それによると、6月前半の内定取得率は42.9%となり、前年同時期に比べ9.9ポイント減少したことが分かった。

 調査では、6月前半の内定取得率は42.9%となり、前年同時期に比べ9.9ポイント減少した。複数内定を取得する学生も減少していることから、同社では、企業側の採用基準が高くなっているのではないかと推測している。

 1人あたりの平均エントリー数は、前年比119%の91.8社で大幅に増加した。特に、男子学生のエントリー数の伸びが顕著。一方、説明会参加数や面接受験数には大きな変化は見られなかった。

 こうした状況の下、6月以降も活動を継続する学生は69.6%となっており、前年同時期の48.4%を大きく上回っています。企業側の厳選採用傾向が継続しており、学生にとっては厳しい状況が続いている。

 企業側の1社あたりの採用人数は17.2人で、前年比67.7%となっている。特に、従業員数3,000人以上の企業で、「100人以上」採用するとしている企業の割合は29.3%(2010年度41.7%)に減少している。
 一方で、3,000人未満の企業では、前年と比較し、約30%が新卒採用人数を「増加」と回答しており、中堅・中小企業で採用意欲が上がりつつあるようだ。

 内定出しの時期だが、前年度は4月上旬がピークであったのに対し、今年度は4月下旬がピークとなった。前年と比較して、各採用プロセスにおいて活動時期がやや遅れ気味となっている。

 2012年度の新卒採用人数は、全体で「増加見込み」 11.1%、「減少見込み」 4.6%となり、増加が減少の割合を上回っており、回復に向かいつつあるようだ。

 調査は、2010年 6月 1日〜 6月14日の期間、電子メールとウェブ上で実施し、学生3,543件、企業1,026件の回答を得た。

就職活動中の学生がよむ川柳
6月1日現在内定率 調査開始以降初めて6割下回る ディスコ調べ
厳しい就職活動を反映 7割が「内定1社」

日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。