Image by: BOTTEGA VENETA

写真拡大

 「BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)」は、2010-2011年秋冬シーズンの広告キャンペーンに著名なアーティストであるロバート・ロンゴを起用し撮影を行った。同シーズンでは、ブランド初の試みとしてメンズ・コレクションの広告ビジュアルが打ち出されることが決定している。

 「BOTTEGA VENETA」の2010-2011年秋冬シーズンは、静と動、そして男性的と女性的といったコントラストが特徴。カラーパレットには濃く鮮やかなものが使用され、ムーディーなメタリックカラーの輝きが彩りを添えている。ロバート・ロンゴは、「BOTTEGA VENETA」のクリエイティブ・ディレクターであるトーマス・マイヤーが今回のビジュアルに求めていた、写実的なスタイルや様々なイメージをミニマムな要素に集約させるテクニックを持つアーティストとして起用された。トーマス・マイヤーは、「今回は初めてメンズ・コレクションとレディース・コレクションの両方に焦点を合わせて広告を制作するので、彼(ロバート・ロンゴ)はBOTTEGA VENETAの2つの側面を1つにまとめる上で理想的なアーティストだと考えました。キャンペーンの仕上がりにはとても満足しています。素晴らしいイメージが完成しました。」と述べている。