野球賭博の処分をめぐって貴乃花親方が出した退職願いは、理事の辞職ではなく廃業の意味だった。これは村山理事長代行が受理しなかったというが、意味がいまひとつわからない。

   貴乃花親方は「理事会の話はできない」と口を閉ざす。スポニチが「貴乃花翻意の真相」を伝えたが、司会のみのもんたは「宮内さんに聞いちゃった」という。

貴乃花翻意の舞台裏

   井上貴博アナが「聞いちゃいました?」


   みのはうれしそうに「他のスポーツ紙に出てないでしょう」

   記事によると、貴乃花が責任のとり方を変えたのだという。そのスポニチの編集担当・宮内正英が解説した。

   解雇された大嶽親方と大関琴光喜、重い処分の出た阿武松部屋、いずれも貴乃花につながる人脈だ。そこで、貴は責任をとって辞めるといったのだが、武蔵川理事長や村山代行から「君はこの世界の宝なんだから」と説得されて退職願は返された。

   宮内「彼としてはけじめをつけたかった。そこで今度は、弟子を育てることで責任をはたすことにした」

   これまでに伝えられたところでは、理事会でははじめ、大嶽、阿武松両部屋を潰して、力士を貴乃花が引き受けるかという話になったらしい。しかし、貴乃花は「手一杯だから」と断ったという。武蔵川理事長とは「(理事選で)1票入れてくれてるじゃないか」などというやりとりもあったらしい。退職願はそのあとのことで、貴乃花が思い詰めていたことがわかる。さいわい大嶽、阿武松とも継承が認められた。

   みの「けじめをつけたかったんだ」

入場チケットも3倍の売れ行き

   一方、きのう(5日)発表された番付表が売れているという。スポーツ報知は「番付バカ売れ」と書いた。

   みのが「お宝になっちゃった」と笑う。

   解雇された大関琴光喜や大嶽親方、謹慎で出場できない力士・親方の名前が載っているから、これは貴重というわけだ。

   1人で100枚買う人がいたり、いつもなら50枚程度なのに、200枚も売れたところもある。また、場所のチケットも、きのうは前日の3倍の売れ行きだったそうだ。

   みの「だから初日は全員が顔を揃えて、謝罪すればいい。ごっつあん人生におさらばしないとダメ」

   井上「それをやるんです。初日の前日の10日に土俵祭があるが、そこで親方、関取全員が謝罪をすると決めました」

   みの「新弟子試験までやったんだから」

   受けたのはたった1人だったが、立派に育つかどうか。三役にでもなって、「新弟子試験はあの騒ぎの最中で、そう、たった一人だったあのときの、あれがオレ」なんて言ってもらいたいもんだ。

ヤンヤン

J-CASTテレビウォッチとは?

ワイドショーやドラマなどのテレビ番組を独自の視点でウォッチします。カリスマ占い師の不思議な言動や深夜のオモシロ番組もここでチェック!
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!