任天堂の据置ゲーム機「Wii」はPS3やXbox360のようにHDDに対応しておらず、ゲームをHDDにインストールしてプレイすることができないため、ゲームソフトによってはディスクを読み込む度に高速回転するドライブの音が気になることがありますが、ついにゲームをインストールできるようになる可能性が出てきました。

すでに特許が出願されており、提出された資料から任天堂がどのような方法でゲームをインストールできるようにするつもりなのかをうかがい知ることができます。

詳細は以下から。
Nintendo Investigating Wii Hard Drive System // Siliconera

この記事によると、任天堂はWiiにアメリカでゲームをインストールする特許を出願したそうです。

出願された特許はゲームディスクをHDDにインストールした場合、HDD内にインストールしたゲームディスクごとにパーティションが作られ、Wiiはそのパーティションを仮想DVDとして認識することで、ゲームをプレイできるようになるというもの。

任天堂が提出した資料。


複数のゲームディスクのインストールにも対応しており、ユーザーはどのゲームをプレイするのかを選ぶことができます。


セキュリティ面の問題があるため、Xbox360のように別途専用HDDが用意されることになる可能性も十分考えられるものの、市販されている安価なUSB外付けHDDをインストール用HDDとして利用できるのであれば、なかなかうれしいかもしれません。

・関連記事
「任天堂のテーマパーク」は実現するのか、岩田社長が株主総会で言及 - GIGAZINE

「ニンテンドー3DS」は年内登場か、新型PSP「PSP-4000」も発売される見通し - GIGAZINE

任天堂の新型ゲーム機「ニンテンドー3DS」を高解像度画像やムービーで徹底解説 - GIGAZINE

任天堂の新型ゲーム機「ニンテンドー3DS」に搭載されたグラフィックチップセットの正体が明らかに - GIGAZINE

ついに任天堂が「ニンテンドー3DS」をお披露目、その詳細が明らかに - GIGAZINE

記事全文へ